日本GP

/ News

  • 日本GP - 決勝

ベッテルがポール・トゥ・ウイン!

Kay Tanaka
2010年10月10日 « プライムタイヤの選択を信じるバトン | 日本GP予選後の記者会見 »
ベッテルがポール・トゥ・ウイン! © Sutton Images
拡大
関連リンク

10日(日)日本時間15時から2010年F1世界選手権第16戦日本GP決勝レースが、三重県の鈴鹿サーキット(全長5.807km)で行われた。決勝の周回数は53周、レース距離は307.471kmだ。

9日午後に行われる予定だった公式予選は、鈴鹿サーキットを襲った激しい雨により中止。予選は10日の午前中に行われ、ポールポジションはレッドブルのセバスチャン・ベッテルが獲得した。2番手にチームメイトのマーク・ウェバーが入り、レッドブルがフロントローを独占。3番手にルイス・ハミルトン(マクラーレン)、4番手にロバート・クビサ(ルノー)、5番手にジェンソン・バトン(マクラーレン)が続いている。ハミルトンは前日に予定外のギアボックス交換を実施したため、レースは8番グリッドからスタートすることとなった。

日本人ドライバーの小林可夢偉(BMWザウバー)は14番手、山本左近(HRT)は24番手だった。

レーススタート時のコンディションは気温27℃、路面温度35℃、湿度51%のドライ。今週末の日本GPにブリヂストンはソフトコンパウンド(オプション/ソフトタイヤ)とハードコンパウンド(プライム/ハードタイヤ)という2種類のタイヤを投入した。

ダミーグリッドに向かうレコノサンスラップ中、ルーカス・ディ・グラッシ(ヴァージン)が130Rでコントロールを乱し、大クラッシュ! ディ・グラッシにケガはないが、レースには出走できなくなってしまった。

23台のマシンがフォーメーションラップを開始し、グリッドについてレーススタート! ウェバーが遅れてクビサが2番手に躍り出たが、ベッテルは先頭を守った。中盤ではヴィタリー・ペトロフ(ルノー)がニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)と接触してコースオフし、左側のバリアに激突! ビタントニオ・リウッツィ(フォース・インディア)とフェリペ・マッサ(フェラーリ)はターン1の進入で接触した。この4台はいずれもリタイアとなり、レースはセーフティカーが入る展開になった。

1周目の終わりにニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)、ブルーノ・セナ(HRT)、ティモ・グロック(ヴァージン)がピットイン。グロックは2周目の終わりにもピットに入った。

一方、セーフティカーラップ中の3周目に、2番手につけているクビサの右リアタイヤが脱落。ヘアピン先の2輪用シケインでマシンを止め、レースをあきらめることになった。

レースは6周目の終わりからリスタート。大きな順位変動はなく、レッドブルが1-2態勢を維持。可夢偉は11番手で走行を重ねた。ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)とルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)が6位争いを、セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)とニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)が12番手争いを展開する状況となった。

可夢偉は13周目にヘアピンの進入でハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)をパスし、10番手に浮上! 若干の接触があったが、次の周ではセクター1で自己ベストタイムを記録。9番手のエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)を追った。そして18周目、再びヘアピンでスーティルのインに飛び込み、9番手をゲット! この周の終わりにスーティルと8番手のニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)がピットに入り、可夢偉は8番手に浮上した。

レースは20周目。先頭のベッテルは19周目に1分36秒545というファステストラップをたたき出し、2番手ウェバーに2.2秒差をつけた。すでにウェバーから3番手アロンソまでは5.3秒という大差がついており、その3.7秒後方にバトン、1.5秒後方にハミルトンが続く状況。一方、可夢偉の3秒前を走っていたバリチェロは20周目の終わりにピットに入ってタイヤを交換。これで可夢偉は7番手に上がった。

22周目の終わりにハミルトンがピットに入り、可夢偉の真後ろでコースに戻った。翌周には可夢偉の前を走るシューマッハがピットイン。3.7秒の静止時間で再スタートし、チームメイトであるロズベルグの前でレースに復帰した。先頭のベッテルと3番手アロンソは24周目の終わりにタイヤ交換を行っている。

プライム(ハードタイヤ)でスタートした先頭のバトンと6番手の可夢偉は、38周目にピットイン。バトンは5番手、可夢偉は12番手でコースに戻った。可夢偉の前にはレース前半にコース上でオーバーテイクしたアルグエルスアリとスーティルがいる状況だ。

40周を目前にしてハミルトンが無線で「3速ギアを失った」とレポート。チームメイトのバトンが1分34秒台で周回を重ねる中、ハミルトンは1分36秒後半のタイムで苦しい走行となった。

44周目にバックマーカーの追い抜きを利用し、可夢偉がヘアピンでアルグエルスアリに仕掛けた! 可夢偉はインに1台分のスペースを空けてアウト側からパスしたが、両者はわずかに接触。アルグエルスアリはピットに戻ってフロントウイングを交換したが、可夢偉には大きなトラブルはなかった。

その直後、可夢偉の前を走るスーティルのマシン後方から白煙が上がり、スーティルは130Rでスピン! なんとか体制を立て直したが、エンジンからの白煙は濃くなる一方でピットに戻り、リタイアを決断した。これで可夢偉は10番手に浮上し、前を行くバリチェロを追った。そして再びヘアピンの進入でインに飛び込み、9番手にポジションを上げた。

シューマッハと接近戦を繰り広げていたロズベルグがダンロップコーナーで単独クラッシュ! 原因は走行中に左リアタイヤが外れるというもので、危険なアクシデントに見舞われたものの、ロズベルグは自力でマシンを降りている。これで可夢偉は8番手となったが、そのすぐ後にヘアピンでチームメイトのハイドフェルドをかわし、7番手に躍り出た。

先頭を行くベッテルは51周目に1分33秒653というファステストラップをたたき出し、2番手ウェバーとのギャップを2.6秒に広げた。

ベッテルは最終ラップでペースを落とし、余裕のトップチェッカー! ポール・トゥ・ウインを決め、6月末のヨーロッパGP以来となるシーズン3勝目を手にした。2位にウェバーが入り、レッドブルはシーズン3回目の1-2フィニッシュを果たしている。3位はアロンソだった。

4位以下はバトン、ハミルトン、シューマッハ、可夢偉、ハイドフェルド、バリチェロ、ブエミまでがポイント圏内。アルグエルスアリ、ヘイキ・コバライネン、ヤルノ・トゥルーリ(共にロータス)、グロック、ブルーノ、左近までがチェッカーを受けた。終盤にクラッシュを喫したロズベルグは完走扱いとなった。

スーティル、クビサ、ヒュルケンベルグ、マッサ、ペトロフ、リウッツィ、ディ・グラッシがリタイアとなっている。

ファステストラップはファイナルラップでウェバーが記録した1分33秒474。ベッテルはポールポジション、勝利、ファステストラップのハットトリックを決めることができなかった。

第17戦となる次戦は初開催の韓国GP。最初のセッションとなる金曜フリー走行1回目は22日(金)の日本時間10時からスタート予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.