日本GP

/ News

  • 日本GP - ピレリ - 決勝

ピレリ、戦略が大きく分かれたレース

Me
2019年10月13日 « 序盤の失速を嘆くライコネン | ルクレールに2つの処分で15秒加算 »
© Behrouz MEHRI / AFP
拡大

13日(日)に鈴鹿サーキットで開催されたシーズン第17戦日本GP決勝レースはスタートダッシュに成功したメルセデスのバルテリ・ボッタスが優勝を遂げ、メルセデスが6年連続のコンストラクターズ選手権制覇を達成した。

ポールシッターだったフェラーリのセバスチャン・ベッテルが2位、メルセデスのルイス・ハミルトンが3位表彰台に上っている。

ボッタスはソフト、ミディアム、ソフトとつなぐ2ストップ戦略を採用したが、2位のベッテルは第2スティントに新品のソフトタイヤを投入し、最終スティントでミディアムタイヤを履いた。ハミルトンはボッタスと同じタイヤ戦略だったが、第1スティントを長く取っている。

マリオ・イゾラ(自動車レース責任者)

「昨日の台風によってスケジュールが大きく再編された上、路面のラバーはすっかり洗い流され、温かなコンディションになったことで、チームたちは短時間のうちに実施された今日の予選とレースで多くの未知数に対処することになった。グランプリ中にどう戦略を展開させるかの勝負となり、1ストップから3ストップまで多くの異なる戦術が見られ、それぞれがライバルの戦略に反応していった。レース中は3種類のコンパウンド全てが使用され、トップ6が4つの異なる戦略を採用している。2位争いにおいてはスリリングな戦術バトルが繰り広げられて、予選とレースで最速タイムが更新された。再びその努力に見合うコンストラクターズ選手権優勝を成し遂げたメルセデスに祝福の言葉を贈りたい」


DAZNに新規加入すると『レッドブル/トロ・ロッソのドライバーサイン入りグッズ』が抽選で当たる!
1カ月無料体験実施中!

© ESPN Sports Media Ltd.