日本GP

/ News

  • 日本GP - 金曜フリー走行1回目

メルセデスが1-2発進、山本は17番手

Jim
2019年10月11日
© Clive Mason/Getty Images
拡大

日本列島に台風19号が近づく中、11日(金)に2019年FIA F1世界選手権第17戦日本GPが開幕し、10時から実施された金曜フリー走行1回目のセッションはメルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録した。

ピレリは鈴鹿にC1からC3のコンパウンドを持ち込んでおり、大半のドライバーがソフトタイヤにあたるC3のセットを多く選んでいる。ミディアムタイヤは4セット確保したメルセデスの2人が最も多く、フェラーリやレッドブルは3セットだ。

最初のフリー走行は曇り空ながら降雨はなく、気温24.5度、路面温度30.2度、湿度66.9%のドライコンディションでスタートするも、真っ先にコースに向かったマクラーレンのカルロス・サインツがピットレーンを出てすぐにストップしてしまい、開始早々にバーチャルセーフティカーが発令された。サインツは無線で「何かが壊れた」と伝えているが、原因ははっきりしていない様子。停車したマクラーレンマシンをコースマーシャルがピットレーンに向かって押し戻すが、上り坂のため少し時間を要している。

バーチャルセーフティカー中にインストレーションラップを完了したのはサインツを除いて14名。トロ・ロッソの山本尚貴も無事にシステムチェックを終えてピットに引き上げている。

レーシング・ポイントとメルセデス、ウィリアムズのジョージ・ラッセルは出だしが遅かったが、約5分間のバーチャルセーフティカーピリオドが終わると、セルジオ・ペレスとランス・ストロールの2人がガレージを離れ、ボッタス、ルイス・ハミルトン、ラッセルと続いてコースに入った。すでに1周を走っていたドライバーたちも合流したものの、プログラムに取り掛かったのはメルセデス勢だけだ。ハミルトンが1分31秒723を刻み、ボッタスが0.108秒差のタイムを残している。

マクラーレンのランド・ノリスやアルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィらに続いてコース上での作業を開始した山本はミディアムタイヤを履いて1分38秒515を記録。ラップを重ねながら徐々にタイムを伸ばしていった。

序盤40分の走行が終わった時点でトップに立っていたのは1分30秒832をマークしたハミルトン。ボッタスが0.086秒差で2番手に続き、ミディアムタイヤを履くメルセデスが1-2態勢を築いた。フェラーリのシャルル・ルクレールが3番手、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、アレキサンダー・アルボン(レッドブル)が6番手に並び、4人ともタイヤはソフトを履いている。

フリー走行が初日の2回に制限されることから、積極的に走り込む陣営が多く、メルセデス勢は早々と2セット目のミディアムタイヤを投入してプログラムを進め、ボッタスは5周、ハミルトンが6周を追加してピットに引き上げた。開始直後にトラブルに見舞われたサインツもセッション前半のうちに再び始動して走行を開始し、1分37秒台の12番手タイムを残している。

後半に入ってもソフトタイヤのプログラムに集中するフェラーリはベッテルが1分29秒720を刻んでトップに浮上し、ルクレールも自己ベストを更新して2番手に躍り出た。ベッテルとルクレールのギャップは0.192秒差だ。

ミディアムからソフトに切り替えた山本はトップから2.3秒ほど遅れているものの、ベストタイムを大きく縮めて14番手にポジションを上げ、もう1台のトロ・ロッソを駆るダニール・クビアトのタイムを1秒上回った。クビアトはミディアムとソフトを履き替えながらタイヤを評価しており、レースを想定した作業に専念しているようだ。

残り30分を切ってソフトタイヤに履き替えたハミルトンが1分28秒807をたたき出してトップに立つも、ボッタスが0.076秒速くラップをまとめてその座を奪った。昨年の日本GP予選でハミルトンが記録したポールタイムは1分27秒760と、まだ1秒近く開きがある。

ほとんどのドライバーが周回数をふた桁に乗せ、20周以上を走り込む陣営もある一方で、アルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィは終了まで10分を過ぎてなお4周の走行にとどまっていた。ジョビナッツィのマシンはガレージに入れられ、メカニックが作業を急いでおり、チームは走行再開を目指していると明かしていたが、結局、準備が整わずにセッションを終えることになった。相棒のキミ・ライコネンが27周を走破しており、序盤にミディアムタイヤを試した後はソフトタイヤのプログラムに取り組んでいる。

90分のセッションを終えてトップは1分28秒731をマークしたボッタス、ハミルトンが100分の数秒差で2番手につけ、ベッテルとルクレールのフェラーリ勢、フェルスタッペンとアルボンのレッドブル勢がそれに続いた。

トロ・ロッソのクビアトと山本は16番手と17番手で走行を終えている。2人のタイム差は0.098秒だ。

日本GP金曜フリー走行2回目は14時に開始される予定になっている。

なお、FIAは初回セッションに先だって、台風19号の上陸が予想される12日(土)の走行をすべて取りやめると発表。観客や各チームメンバー、全関係者の安全を踏まえ、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドと日本自動車連盟(JAF)の判断に従うと述べている。土曜フリー走行は中止され、予選は決勝レースと同じ13日(日)に実施されることが決まり、10時から1時間の予選セッションを経て、14時10分に決勝レースがスタートする日程だ。


DAZNに新規加入すると『レッドブル/トロ・ロッソのドライバーサイン入りグッズ』が抽選で当たる!
1カ月無料体験実施中!

© ESPN Sports Media Ltd.