日本GP

/ News

  • 日本GP

日本GPダイアリー:台風の日の過ごし方

Me
2019年10月10日 « 安全性第一で台風を監視するF1 | ドライバーたちと話し合いを持ったフェラーリ »
© Dan Istitene/Getty Images
拡大

レース週末のF1パドックは真剣な戦いが繰り広げられる場だが、そんな中からいくつか息抜きになる話を紹介しよう。

【サケ・ボムとFIFA】

大型で猛烈な台風19号が接近する中、F1は慎重に状況を見守りつつ対応を検討中だが、鈴鹿サーキット周辺で雨風が強まると予想される12日(土)はコースでの活動が全て中止される可能性もある。

その場合、予選は13日(日)の午前中に延期されるとみられ、土曜日のフリー走行は実施されない可能性が高い。

大型台風の到来で、珍しいオフ日ができるかもしれないとあって、マックス・フェルスタッペンとカルロス・サインツは過ごし方について計画を立てている。それは――サッカーゲームの『FIFA』だ!

「またFIFAやる?」とサインツは10日(木)のFIA会見でフェルスタッペンに尋ねた。

「うん、持ってきてるよ。じゃあ土曜日に対戦する?」とフェルスタッペンもにやり。「負ける準備ができてるんなら、だけどね」

この挑発にサインツは面白くなさそうな顔で、「ふ~ん・・・考えとくよ」と答えた。

土曜日の新たな計画を立てているのはフェルスタッペンとサインツだけではない。ダニエル・リカルドは前日の夜に・・・やはり独特の方法で・・・お酒を飲んだ後、丸1日ベッドでゴロゴロしていたいという。

「土曜日まで待たずとも、金曜日には決まるでしょ」とスケジュール変更についてリカルドは述べた。「もしそう(土曜日が中止に)なったら、金曜の夜はサケ・ボム(おちょこに入った日本酒をビールに落として飲み干す)を楽しんで、土曜日は寝ていたいな。日本酒は特に好きってわけじゃないんだけどね!」

チャンピオンシップリーダーのルイス・ハミルトンは最近カラオケを楽しんだことを明らかにした。だが、土曜日にコース入りする必要がなくなったとしても今週末はその予定はないという。

「レース中の週末はお酒を飲めないんだ。カラオケで本領を発揮するには数ドリンク必要なんだよね」とカラオケの技術をのほのめかすハミルトン。「おはこは"ジャーニー"さ。エアギターの振り付きでね」

FIA、F1、鈴鹿サーキットと日本自動車連盟(JAF)が台風19号の動きを監視しているが、スケジュール変更について公式決定はまだなされていない。

【最高のファン】

鈴鹿のファンといえばF1への半端ないコミットメントで有名だ。週末を通してサーキットにやってくる人々のワンダフルなコスチュームは毎年注目の的となっている。

近年絶賛されているのが、F1マシンの精巧な模型を搭載したヘルメットで、そこにはきちんとフラップが作動するドラッグ・リダクション・システム(DRS)まで再現されている。

Hondaも彼らとの再会に大喜びだ。

「ホームは素晴らしい。今年もDRS MENが戻ってきた!」

これはチームを楽しませた一例に過ぎない。

メルセデスはサイン会に現れた1人の人物がいたく気に入ったようだ。フェラーリのレーシングスーツを着てベッテルのレプリカヘルメットをかぶったティフォシが静かにバルテリ・ボッタスのサインをもらう列に並んでいた。

「セブ、そんなにサインが欲しかったなら言ってくれれば良かったのに・・・」

【ガスリーに「ごめんね」と山本】

© Peter Fox/Getty Images
拡大

スーパー・フォーミュラとSUPER GTチャンピオンの山本尚貴は金曜日の鈴鹿でFP1に出ることが分かった時、ピエール・ガスリーに謝罪したという。

Hondaの有望な日本人ドライバーである山本は日本GPで初めてF1マシンをドライブするチャンスを与えられた。グランプリ週末に日本人ドライバーがセッションに参加するのは2014年の小林可夢偉以来となる。

ガスリーに代わって走ることを知った山本は、その結果90分間の走行時間を失う元スーパーフォーミュラのチームメイト、ガスリーに謝らなければと思ったという。

「彼には昨日メッセージを送りました。"クルマを借りることになっちゃってごめんね"って」と山本は述べた。「そうしたら、"全然気にしなくていい、君のせいじゃないんだから"って言ってくれました」

「ピエールにはレースがあるので、彼のためにできるだけたくさんいい情報を集められるようにしたいですね」

ガスリーも次のように付け加えている。

「午前中ずっと一緒に話していたんだ。僕のクルマに乗ることになってごめん、とまで言ってくれた! でも、そんなの大したことじゃないって言ったよ。1年の最初から予定されていたことなんだから」

「セッションを楽しんで、1周1周を楽しんでねって伝えておいた。彼は本当にいいやつで、すごく速くてすごく才能がある。地球上で誰よりも鈴鹿をよく知っているんじゃないかな。こういうクルマをドライブするのは僕らの夢。コース上の全てのラップを楽しんでほしいと伝えた」

FP2以降は元通りガスリーが自分のマシンをドライブする。

【ルノーにもラグビーワールドカップフィーバー】

ラグビーワールドカップ2019開催中の日本にラグビーフィーバーが到来中だ。

ルノーのリカルドとテストドライバーのジャック・エイトケンもそれに取り込まれたらしい。木曜日の午後、2人は鈴鹿のパドックでラグビーボールを使ってパスを投げ合っていた。だが、やはり本業に比べるとぎこちなさが残る気が?

今は笑顔の2人だが、このままいけばイングランドとオーストラリアはほぼ確実に準々決勝で激突することになり、どちらかが仏頂面になることは間違いない。


DAZNに新規加入すると『レッドブル/トロ・ロッソのドライバーサイン入りグッズ』が抽選で当たる!
1カ月無料体験実施中!

© ESPN Sports Media Ltd.