日本GP

/ News

  • 日本GP - ピレリ - 決勝

温度上昇で難易度も増したとピレリ

Me
2018年10月7日 « タイヤ配分のミスを認めるマクラーレン | VSC後のリスタートを分析したいとグロージャン »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

7日(日)に開催されたシーズン第17戦日本GP決勝レースはメルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウインを達成し、バルテリ・ボッタスが2位、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが3位表彰台に上った。

メルセデス勢はユーズドのソフトタイヤでスタートしてミディアムタイヤに履き替える1ストップ戦略だったが、スーパーソフトタイヤで第1スティントを走ったフェルスタッペンはソフトタイヤに履き替えてゴールしている。

マリオ・イゾラ(自動車レース責任者)

「昨日までと比べて温度がここまで上がると、この極めて要求の多いコースでは今まで以上のチャレンジが加算されることは分かっていた。実際、特にレース終盤ではその通りの展開となったが、それによってアクションが損なわれることはなく、多くの印象的な反撃シーンが見られることになった。また、大半のドライバーが序盤のセーフティカーに助けられ、1ストップで走り切ることができた。3種類のコンパウンド全てが非常に長いスティントを走っている。昨年はソフトでのフィニッシュが多かったが、今年はフリー走行でそれほど多く使われておらず、気温の高いコンディションでは全く使われていなかったミディアムでのフィニッシュを選んだ者が多かった」

© ESPN Sports Media Ltd.