日本GP

/ News

  • 日本GP - 決勝

ベッテルが逆転優勝!

M.S.
2013年10月13日
スタートで前に出たグロージャン © Getty Images
拡大
関連リンク

世界のファンとドライバーに高い人気を誇る鈴鹿サーキットにて13日(日)15時から2013年FIA F1世界選手権第15戦日本GP決勝が行われた。

前日の予選でポールポジションを獲得したのはレッドブルのマーク・ウェバー。僚友のセバスチャン・ベッテルがその隣に並んだ。今週末にベッテルが優勝してランキング2位のフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が9位以下だった場合はベッテルの4年連続タイトルが決定する。

一方、先週末の韓国GPで今季3度目の戒告処分を受けたケータハムのシャルル・ピックとマルシャのジュール・ビアンキが鈴鹿で10グリッド降格ペナルティを受けたのに加え、予選17番手のエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)が予定外のギアボックス交換を行ったため5グリッド降格。スターティンググリッドはピックが20番手、ビアンキが21番手、スーティルが22番手となった。

また、ピックは予選Q1で赤信号を無視したとしてさらなる処分が科され、スタートから5周以内にドライブスルーペナルティを実行しなければならない。

舞台となるサーキットは1周5.807km、決勝レースは53周で行われる。DRSゾーンはメインストレートのみの1カ所に設定された。ピレリは鈴鹿のドライタイヤとしてハードコンパウンド(プライム)とミディアムコンパウンド(オプション)の2種類を用意している。

レース開始時の天候は晴れ、気温25度、路面温度37度のドライコンディションだった。16番グリッドのダニエル・リカルド(トロ・ロッソ)とピックのみがスタート時のタイヤとしてハードを選んでいる

スタート後に先頭に抜け出したのは4番手スタートのロマン・グロージャン(ロータス)。ウェバーとベッテルがそれに続き、後方ではギド・ヴァン・デル・ガルデ(ケータハム)とビアンキがターン1でコースに飛び出してマシンを止めた。

3番グリッドだったルイス・ハミルトン(メルセデス)はスタート時の競り合いでベッテルと接触した模様で右リアタイヤをパンクしてピットへ。ベッテルもフロントウイングにダメージがあると訴えていたものの、こちらはそのままレースを続行している。

1周目が終わった時点でトップ10を走っていたのはグロージャン、ウェバー、ベッテル、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、アロンソ、ニコ・ヒュルケンベルグ(ザウバー)、セルジオ・ペレス(マクラーレン)、エステバン・グティエレス(ザウバー)、ジェンソン・バトン(マクラーレン)だった。

グロージャンは少しずつウェバーとの差を開きながらトップをキープする。8周目にトロ・ロッソのジャン-エリック・ベルヌがハードコンパウンドに交換したのを皮切りに他の陣営でも1回目のピット作業が始まるが、オープニングラップを終えてプライムに替えていたハミルトンは9周目に再びピットへ向かい、そのままガレージでマシンを降りてしまった。

2番手ウェバーは12周目に最初のタイヤ交換を実施。続く周回でグロージャンらもピットへ向かってベッテルがラップリーダーとなる。ピットレーンではロズベルグがピットアウトする際に後方からやってきたペレスと接近する一場面が見られ、メルセデスによる危険なリリースとしてロズベルグにはドライブスルーペナルティが科された。

15周目にベッテルがタイヤを交換し、トップ5はグロージャン、ウェバー、ベッテル、リカルド、ロズベルグというオーダーに。リカルドはまだスタート時のタイヤを履いており、17周目にロズベルグがペナルティを消化すべくピットへ向かったためにヒュルケンベルグが5番手に浮上した。コース上の全員がハードコンパウンドを装着している。

この頃激しい戦いが展開されていたのは4番手リカルドからヒュルケンベルグ、マッサ、アロンソにかけての4台だった。ヒュルケンベルグはリカルドの後ろにぴったりつけるもなかなかパスすることができず、その後方からマッサが1秒以内に迫る。さらに後ろからアロンソがチームメイトを狙っており、20周目にアロンソがマッサのオーバーテイクに成功。続く周回でヒュルケンベルグがリカルドをかわした。

6番手に下がったマッサにグティエレスとライコネンも近づいて6台が接近戦を演じるも、22周目にリカルドが最初のタイヤ交換へ向かって隊列を離脱。4番手からはヒュルケンベルグ、アロンソ、マッサ、ライコネン、グティエレスという形でひとまずは落ち着いた。

先頭集団ではグロージャンとウェバーのギャップが1秒以内になっていたものの、ウェバーは26周目に2回目のピットストップを行う。今度はベッテルがグロージャンにターゲットを定めて差を縮めていった。2人の間が1.3秒になっていた29周目の終わりにグロージャンがピットへ向かうも、ウェバーに先行されて3番手で隊列に復帰する。

他のドライバーも順次2回目のタイヤ交換を実施する中、8番手に上がっていたリカルドはポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)をパスする際にコース外を走ってアドバンテージを得たとしてドライブスルーペナルティを科された。また、6番手マッサにもピットレーンでの速度違反で同様の処分が下される。

33周目にはトップのベッテルのみが1回ストップという状態に。11秒あった2番手ウェバーとの差は少しずつ減っていくも、そのまま周回を続けたベッテルは37周目、ウェバーまで7秒、グロージャンまで19秒差をつけてプライムからプライムにつないだ。

これで上位の並びはウェバー、グロージャン、ベッテル、ヒュルケンベルグ、アロンソとなる。新しいタイヤを履いたベッテルは見る間にグロージャンへ追いつき、41周目のメインストレートでグロージャンを抜き去った。

ラップリーダーのウェバーは43周目に3回目のピット作業で再びハードタイヤを装着。夕暮時の近づく鈴鹿で19名がチェッカーフラッグを目指す中、3番手で戻ったウェバーは一気にグロージャンの背後に迫った。そのすぐ後ろではアロンソがヒュルケンベルグを料理して4番手にポジションアップしている。

グロージャン対ウェバーの手に汗握るバトルはレース最終盤まで続き、周回遅れがからんできた52周目についにウェバーがグロージャンの前へ。後方ではライコネンがヒュルケンベルグをオーバーテイクして5番手に上がった。

終盤の接戦とは無縁にトップチェッカーを受けたのはベッテル。ベルギーGPからの5連勝であると同時に鈴鹿での4勝目となる優勝を決めている。

2位ウェバー以降、グロージャン、アロンソ、ライコネン、ヒュルケンベルグ、グティエレス、ロズベルグ、バトン、マッサまでが入賞を果たした。

11位ディ・レスタからベルヌ、リカルド、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、ペレス、パストール・マルドナド、バルテリ・ボッタス(共にウィリアムズ)、ピック、チルトンが完走している。

タイトル決戦は次戦以降に持ち越された。第16戦インドGP最初のセッションである金曜フリー走行1回目は25日(金)13時30分スタート予定だ。次戦もお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.