30秒ごとに更新されます |

表彰台に上るドライバー3人がパルクフェルメに戻ってきました。グランドスタンドからは大歓声が上がります。まもなく表彰式が始まりますが、そろそろお別れの時間です。

鈴鹿サーキットでの熱戦を終えたF1サーカスは2週間後に、今度はアメリカ大陸で顔をそろえます。テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズが舞台となるシーズン第18戦US GPは19日(金)に開幕し、日本時間24時から初回セッションが行われる予定です。

鈴鹿サーキットで現地観戦された皆さま、ご自宅や宿泊先までどうぞお気をつけてお帰りくださいませ。

それではまた次回US GPでお会いしましょう!

53周目

ハミルトンがファイナルラップに入りました! ボッタスとフェルスタッペンも最後の周回へ・・・。

ボッタスのお尻を追いかけるフェルスタッペン、オーバーテイクを仕掛ける位置には近づけないまま・・・セクター3を迎えています。

ハミルトンが今、トップチェッカーを受けます!

ボッタスが2位を守ってゴールし、メルセデスが1-2フィニッシュを達成しました。フェルスタッペンは3位で表彰台。

4位以下、リカルド、ライコネン、ベッテル、ペレス、グロージャン、オコン、サインツが10位入賞を果たしています。

トロ・ロッソのガスリーは11位で惜しくもポイント獲得ならず。12位にエリクソン、ハートレーが13位、アロンソ、バンドールン、シロトキン、ストロールが完走しました。

52周目

ハミルトンがファステストラップを更新して勢いをつけます。

ハミルトンの後方ではボッタスとフェルスタッペンが今も激しくポジションを争っていますが、エンジンパワーに不満をこぼすフェルスタッペンはメルセデスを抜けずにフラストレーションがたまっているようです。

51周目

サインツがガスリーに並ぶ! 10番手を争う攻防戦は・・・サインツが前! 10番手にサインツが上がり、ガスリーは11番手に後退しました。もう1台のトロ・ロッソを駆るハートレーは13番手とこちらもポイント圏外にいます。

50周目

ライコネンはリカルドから20秒近く離されています。周回遅れの対応で手間取ったのでしょうか。

49周目

ハミルトンとボッタスのラップタイムは0.3秒ほどの違いがありますが、ボッタスのペースがそこまで悪いというわけではなさそうです。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスを祝福するメルセデス(日本GP/鈴鹿、2018年10月7日) ドライバーズパレードを楽しむフェルナンド・アロンソ(日本GP/鈴鹿、2018年10月7日) 懸命にパフォーマンスを引き出すバルテリ・ボッタス(日本GP/鈴鹿、2018年10月7日) マシンの力を引き出そうと努めるケビン・マグヌッセン(日本GP/鈴鹿、2018年10月7日)
  • 徐々にスピードに乗るランス・ストロール(日本GP/鈴鹿、2018年10月7日) ペースを上げて前を追うキミ・ライコネン(日本GP/鈴鹿、2018年10月7日) トップチェッカーを受けたルイス・ハミルトン(日本GP/鈴鹿、2018年10月7日) 必死にペースアップを図るフェルナンド・アロンソ(日本GP/鈴鹿、2018年10月7日)
  • 順位を上げようと必死にプッシュするセルジオ・ペレス(日本GP/鈴鹿、2018年10月7日) ステアリングを切るカルロス・サインツ(日本GP/鈴鹿、2018年10月7日) 鈴鹿を駆けるピエール・ガスリー(日本GP/鈴鹿、2018年10月7日) コーナーを駆け抜けるエステバン・オコン(日本GP/鈴鹿、2018年10月7日)