日本GP 2018

/ Commentary

フリー走行2

2018年F1世界選手権第17戦日本GP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後14時にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

これより2018年F1世界選手権第17戦日本GP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。小雨がパラつく曇り空の下で行われた初回セッションはメルセデスのルイス・ハミルトンが1分28秒691を刻んでトップに立ちました。

2番手にはチームメイトのバルテリ・ボッタスが入っており、ソフトとミディアムのタイヤ作業に集中したメルセデスが1-2発進を決めています。

3番手に食い込んだのはレッドブルのダニエル・リカルド。相棒のマックス・フェルスタッペンは6番手にとどまっています。

スーパーソフトタイヤのプログラムに専念したフェラーリ勢はキミ・ライコネンが4番手、セバスチャン・ベッテルは5番手でした。

現在の気温は23.8度、路面温度31.2度、湿度69.5%のコンディションです。間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

マクラーレンのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドールンがコースイン!

ハースF1のロマン・グロージャンが加わってコース上は3台が走っています。

フェラーリのセバスチャン・ベッテルが合流。

マクラーレン勢とグロージャンはミディアムタイヤを装着していますが、ベッテルはソフトタイヤをチョイス。ライコネンも黄色のラインが入ったソフトタイヤを履いてコースに向かいました。

ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンはユーズドのミディアムタイヤを履いてガレージを離れました。

インストレーションラップを終えたドライバーたちはそのままプログラムに取り掛かるようです。

ベッテルが1分29秒971をマークしてトップに立ち、ライコネンが0.032秒差で2番手につけています。

3番手には1分31秒896を刻んだグロージャン。

ペースアップに成功したベッテルが1分29秒398を記録しています。

トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーがコースイン。ソフトタイヤを履いています。

まだメルセデス、レッドブル、トロ・ロッソのピエール・ガスリーはガレージにとどまったまま。

セッションが始まって10分が経過しました。

タイムを計測したドライバーは12名。トップ5にはベッテル、ライコネン、ペレス、グロージャン、エリクソンが並んでいます。

メルセデスとレッドブルの各車がコースに入りました。4台ともソフトタイヤを装着。

リカルドが1分30秒251をマークして3番手に飛び込み、フェルスタッペンが少し遅いタイムで4番手につけました。

メルセデスのボッタスが1分29秒803を刻み、2番手に入ります。

ハミルトンはさらに好タイムを残し、1分29秒フラットをたたき出してトップに立ちました。

ハミルトンは2番手のベッテルに0.393秒のリードを築き、好調をアピールしているようです。

ガスリーに関する正確な情報はありませんが、どうやらトラブルが発生しているようで、ガレージではメカニックたちが慌ただしく作業している模様。

ハミルトンが1分28秒台に入れてきました。

現在、コース上にはメルセデスの2台とアロンソ、ウィリアムズのシロトキンが走っています。

ボッタスは周回数を6に伸ばしてピットイン。

ハミルトン、アロンソ、シロトキンの3台に、サインツが加わります。

アロンソはこのセッションでもミディアムタイヤを履いてプログラムに取り組んでいます。

マクラーレンのバンドールンがガレージを離れました。ミディアムからソフトタイヤに履き替えています。

ウィリアムズのランス・ストロールが新しいスーパーソフトタイヤに交換してコースイン。

セッションが始まって30分が経過しました。まだガスリーはコースに出られていません。

一度ガレージに引き上げていた面々が再びコースに向かい始めました。

フェラーリのベッテルはスーパーソフトに履き替えて出陣。

同じくスーパーソフトを試しているフォース・インディアのエステバン・オコンが1分30秒035をマークして5番手に上がっています。

さらにレッドブルのリカルドが1分29秒台に入れてポジションアップ。トップのハミルトンからは0.6秒遅れているものの、3番手に入りました。

もう1台のレッドブルを駆るフェルスタッペンはソフトタイヤで5周を走って以降、次の走行に備えてガレージで待機中。

ウィリアムズのストロールとザウバーのルクレールがサイド・バイ・サイドでポジションを競っています・・・。

「最高のコースだね。第1セクターは特にすごい」とコメントしていたルクレール。別のところではフォース・インディアのオコンがバンドールンにブロックされたと不満げです・・・。

メルセデスのボッタスがスーパーソフトに交換して再度コースに向かいます。

クイックラップに入ったボッタス。セクター1をファステストで通過しましたが、わずかにワイドにふくらんでしまいました。

ハミルトンもスーパーソフトタイヤの作業に切り替えたようです。

ライコネンが1分29秒498をマークして4番手に上がります。

ハミルトンがセクター1、セクター2を全体のベストタイムで通過・・・ラップ全体を1分28秒217でまとめて最速タイムを塗り替えています!

最初のクイックラップでミスがあったボッタスがもう一度、予選を想定したラップを走るようです。

ボッタスは1分28秒678を刻んで2番手につけました。ただ、ハミルトンには0.461秒遅れており、まだ少しチームメイトの速さには匹敵できていません。

メルセデスが1-2態勢を築く中、3番手につけるベッテルはハミルトンに0.8秒のリードを築かれ、4番手にフェルスタッペン、ライコネン、リカルドがトップ6に名を連ねています。

フェラーリのライコネンは思うようにラップをまとめられていないようで、わずかにバランスを乱したり、コースを飛び出したりするシーンが目立っています。

レッドブル勢がスーパーソフトのロングランに取り掛かるようです。

ライコネンはスーパーソフトで6周を走り、ピットに引き上げてきました。

また少しコース上のマシンが増えてきました。

トロ・ロッソによると、ガスリーはやはりマシンにトラブルが発生しているとのことで、チームはガスリーをコースに送り出せるように修復作業を急いでいるとのこと。

ベッテルがユーズドのスーパーソフトを履いてガレージを出発。

メルセデスもスーパーソフトのロングランをスタートする模様。ハミルトンとボッタスがそろってコースに入っています。

レッドブル勢はフェルスタッペンもリカルドも1分34秒後半のラップタイムをキープ。

スーパーソフトを履くベッテルは1分34秒半ばのペースで走っています。

メルセデスはロングランを開始したばかり、ライコネンはソフトタイヤでコースに入ったところです。

フォース・インディアのペレス、マクラーレンのバンドールン、トロ・ロッソのガスリー以外がコース上。

お、トロ・ロッソのガレージにガスリーの姿が。どうやら修復作業が終わったようです。

コース上ではガスリーとレッドブルのリカルド以外のドライバーが周回を重ねています。

ガスリーがマシンに乗り込んでいます。まもなく出陣でしょうか。

先ほどピットに引き上げたリカルドはここまでに17周を走ってベストタイムが1分29秒513。ポジションは6番手につけています。

スーパーソフトでロングラン中のメルセデス勢はハミルトンが1分34秒前半、ボッタスが1分34秒後半のラップタイムを維持しています。

残り時間は20分。半数以上のドライバーが20周以上を走破しています。

トロ・ロッソのガスリーは出陣の準備が整った模様。

ついにガスリーが出陣! スーパーソフトタイヤを履いてガレージを出発しました。

ピットに戻っていたエリクソンが合流して20名すべてが出揃いました。

ボッタスはスーパーソフトからソフトに履き替えてピットアウト。

ハミルトンもスーパーソフトのロングランを終えてソフトタイヤに戻しました。

クイックラップを終えたガスリーは1分30秒795を記録して13番手に飛び込みました。

セッション終了まで10分を切りました。

トップ6のドライバーたちは全員がソフトタイヤに切り替えてさらに走行を続けています。

ガスリーは順調に周回を重ねており、トラブルは無事に解消できているようです。

トロ・ロッソのハートレーは27周を走ってピットに帰還。ベストタイムは1分30秒502、10番手につけています。

ルクレールとハースF1の2台がピットに引き上げてきています。

セッション終了を前に走行プログラムを終えてガレージにマシンを入れるドライバーが増えてきました。

大きなタイム更新のないまま、ここでセッション終了です。

初日2回目のフリー走行は1分28秒217を刻んだハミルトンがトップで締めくくり、0.461秒差でボッタスが2番手に続きました。3番手にはベッテルがつけたものの、ハミルトンには0.833秒のリードを築かれており、フェルスタッペン、ライコネン、リカルドと続くトップ6でした。

土曜フリー走行は6日(土)正午12時に開始されます。それではまた明日お会いしましょう!