日本GP 2018

/ Commentary

フリー走行1

2018年F1世界選手権第17戦日本GP金曜フリー走行1回目のセッションはこの後10時にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2018年F1世界選手権第17戦日本GP金曜フリー走行1回目の模様をお届けいたします。ついに待望の日本GPの幕開けです!

鈴鹿サーキットを舞台に行われる日本GPは今年が30回目の記念グランプリ。ドライバーからもファンからも人気の高い独特のサーキット特性を持つ鈴鹿で高速バトルが繰り広げられます。

ドライバーズ選手権はメルセデスのルイス・ハミルトンがリードを50点に広げて残る5戦に挑み、ランキング2位で追いかけるフェラーリのセバスチャン・ベッテルは負けられない戦いが続きますが、それでも最後の最後まであきらめずにプッシュすると意気込んでいます。

台風25号が近づく日本列島。グランプリ初日を迎えた鈴鹿の天候は曇り空、雨もぱらついています。

気温24.9度、路面温度21.8度、湿度80.7%のコンディションで間もなく金曜フリー走行1回目がスタートします。

ピットレーン出口のシグナルが緑に変わり、セッションが始まりました。

最初にコースインするのはルノーのカルロス・サインツ。ザウバーのマーカス・エリクソンやマクラーレンのフェルナンド・アロンソらが続いていきます。

サインツはスーパーソフトを履いてインストレーションラップに向かいましたが、その他のドライバーはソフトもしくはミディアムを履いている陣営が多いようです。

エリクソンがタイム計測をスタートさせています。

サインツやアロンソも2周を走ってさらに周回を重ねる計画のようです。

エリクソンは1分35秒111をマーク。

相棒のシャルル・ルクレールが1分36秒351を刻んできました。

フェラーリのキミ・ライコネンが始動。

まだレッドブルのマックス・フェルスタッペンとメルセデスの2人はガレージから出てきていません。

現在、コースを走っているのはルクレールとエリクソン、ウィリアムズのランス・ストロール、レッドブルのダニエル・リカルドです。

最初のタイム計測を完了したリカルドが1分30秒651をマークしてトップに立っており、それにザウバー勢が続く格好。

ここまでにタイムを残したドライバーはいずれもソフトタイヤを履いています。

ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンが再びコースに入りました。

さらにレッドブルのガレージからはフェルスタッペンが登場。

リカルドがさらにペースアップして1分30秒312をマーク。

2番手につけているルクレールは1分32秒284を刻んでおり、エリクソンは1分32秒791を記録しています。

フェルスタッペンが1分30秒298を刻んできました。リカルドのタイムを上回ってトップに立っていますが、相棒とのギャップは0.014秒しかありません。

レッドブル勢がラップごとにペースアップしている状況。

まだほとんどの陣営はプログラムを開始していません。

フォース・インディア勢が加わりました。

タイムシートのオーダーはリカルド、フェルスタッペン、ルクレール、エリクソンに変わっています。

ペレスが1分32秒296をマークして5番手につけました。

マクラーレンのアロンソはミディアムタイヤのプログラムに取り組むようです。インストレーションラップを走ったのと同じタイヤセットで出陣しています。

ストフェル・バンドールンに変わってマクラーレンマシンをドライブするランド・ノリスもコースに向かいました。

レッドブル勢はリカルドが7周、フェルスタッペンが5周を走ってピットに帰還。

トロ・ロッソのピエール・ガスリー、ハースF1のロマン・グロージャンが合流します。

さらにグロージャンの相棒ケビン・マグヌッセン、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、ライコネンもプログラムに取り掛かるようです。

トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーも加わり、コース上が賑やかになってきました。

ここでようやくメルセデスが動きます。ボッタスが先に、ハミルトンが後ろに続いてコースイン。タイヤはボッタスがソフト、ハミルトンはミディアムを履いています。

1分30秒8442を刻んだライコネンが3番手に飛び込みました。

ライコネンのタイムを上回ってきたのがボッタスです。1分30秒670をマークしました。ただ、レッドブル勢にはおよばずポジションは3番手。

いったんピットに戻っていたレッドブルの2台も再びコースに出て周回を重ねています。

ハミルトンが3番手につけます。トップのリカルドからは0.616秒遅れ。

まだマクラーレンのアロンソとウィリアムズの2台はノータイム。

アロンソはピットとコースを往復しており、5周を走っていますが、タイムは記録していません。

ウィリアムズ勢もシロトキンが3周、ストロールは5周を走っていながらもタイムはありません。

現在のトップにつけるリカルドは1分30秒030がベストタイムで、フェルスタッペンが0.045秒差の2番手に並んでいます。

トップ5のオーダーはリカルド、フェルスタッペン、ボッタス、ライコネン、ハミルトン。

ボッタスが1分29秒台に入れてトップに浮上しました。ハミルトンもベストタイムを更新しましたが、0.173秒差の2番手。

フェラーリのベッテルが1分29秒台に入れてきました。ボッタスには0.097秒届かずに2番手。

今のところ2分29秒台に入れたのはボッタスとベッテルのみ。

それでも、ボッタス、ベッテル、ハミルトン、リカルド、フェルスタッペン、ライコネンのトップ6はギャップが0.3秒以内と混戦状態。

ベスト・オブ・ザ・レストの7番手にはハースF1のグロージャンがつけているものの、トップのボッタスとは1.3秒以上のギャップがあります。

ボッタスがソフト、ベッテルがスーパーソフト、ハミルトンがミディアムのコンパウンドで自己ベストを刻んでおり、レッドブル勢はソフト、ライコネンはベッテルと同じくスーパーソフトを履いて序盤の走行プログラムに取り組みました。

ピレリへのタイヤ返却義務が発生する序盤40分の走行終了を前に、多くのドライバーがピットに戻り始めています。

マクラーレンはアロンソとノリスが19番手と20番手に並んでおり、タイムはそれぞれトップから3.5秒以上遅れています。

さらに18番手にいるストロールとアロンソのタイム差も0.6秒以上あり、マクラーレンは雨を想定したプログラムに取り組んでいると見られます。

全車がピットに戻ってきました。

トップタイムはボッタスがマークした1分29秒842、ベッテルが0.097秒差で2番手に続き、ハミルトン、リカルド、フェルスタッペン、ライコネンが6番手につけています。

7番手のグロージャンはトップから1.367秒遅れ、ガスリーが8番手、ルクレール、オコンがトップ10に名を連ねています。

もう1台のトロ・ロッソを駆るハートレーは17番手。チームメイトとのタイム差は0.995秒ありますが、プログラムを分けていた可能性もあります。

現在は全チームがガレージにマシンを入れており、コースを走るドライバーはいません。

90分のセッションは半分の45分が終了。鈴鹿サーキットはひと時の静けさを取り戻しています。

マクラーレンのガレージからアロンソが出陣。さらにノリスが続きます。

メルセデスのボッタスもコースインしました。

マクラーレン勢はミディアムタイヤの作業を継続するようで、ボッタスもソフトからミディアムのコンパウンドに履き替えています。

おっとっと・・・! アロンソがコースオフ! デグナーのグラベルに乗り上げてしまいましたが、なんとかコース復帰しています。

アロンソはデグナー手前でリアのコントロールを乱し、スライドするようにしてグラベルに突っ込みました。幸い、接触等はなく、走行を再開してガレージに引き上げています。

メルセデスのハミルトンがミディアムからソフトにタイヤを履き替えてコースに出ています。

トロ・ロッソのガスリーもコースオフを喫してしまいました・・・。フロントウイングに芝を拾ってしまい、急いでガレージに戻ります。

ハミルトンが1分28秒691をマークして最速タイムを塗り替えています。ボッタスが2番手に下がり、ギャップは0.446秒に広がりました。

フェラーリのベッテルはセッション後半もスーパーソフトのプログラムを継続。

レッドブルはソフトからスーパーソフトに履き替えてコースに向かったところです。

フェラーリのライコネンはガレージにとどまったまましばらくコースには姿を見せていません。

スーパーソフトタイヤに切り替えたリカルドが1分29秒373を刻んで3番手にポジションアップ。

トップ6のオーダーはハミルトン、ボッタス、リカルド、ベッテル、フェルスタッペン、ライコネンに変わっています。

オコンが1分30秒591を刻んで7番手に飛び込みました。トップからは1.9秒遅れですが、ハースF1のグロージャンには0.2秒のリードを築いています。

ライコネンが新しいスーパーソフトタイヤを履いてガレージを離れました。

ライコネンはセッション前半に9周を走って以降、ガレージで待機が続いていましたが、残り25分を切ってコース上での作業を再開。

ライコネンが自己ベストを更新してきました。1分29秒台に入れて4番手。

ライコネン以外のドライバーはピットに引き上げていきました。

また少しプログラムを再開する陣営が増えています。

メルセデスはハミルトンがソフト、ボッタスがミディアムのコンパウンドを履いてロングランに取り掛かるようです。

セッションは残り15分。メルセデスとレッドブルの4台に加えて、ハートレー、シロトキン、ノリスがコースに出ています。

さらに数台がガレージを出発。

スーパーソフトでロングランをスタートしたレッドブル勢はフェルスタッペンが1分34秒後半、リカルドが1分35秒フラットを刻んでいます。

ハミルトンはソフトタイヤで1分34秒半ばのペースをマークしており、ミディアムを履くボッタスは1分35秒前半のペース。

ハミルトンはソフトタイヤで1分34秒半ばのペースをマークしており、ミディアムを履くボッタスは1分35秒前半のペース。

フェラーリはベッテルがレースを想定した走行プログラムに着手したところ。ライコネンはガレージにとどまっています。

ベッテルはいったんピットレーンに入ってスタート練習に取り組んだ後、ロングランをスタートしています。

ベッテルに続いてライコネンも長めのスティントに入ったようです。タイヤはスーパーソフト。

ベッテルは1分34秒前半のラップタイムを刻みながら周回を重ねていきます。

レッドブル勢は1分34秒後半から1分35秒前半のペースをキープ。

大きなタイム更新のないまま、まもなくセッション終了時刻を迎えます。

チェッカーが振られてセッション終了です。

トップタイムはハミルトンがマークした1分28秒691、ボッタスが0.446秒差で2番手、3番手にリカルドが入りました。

フリー走行2回目はこの後14時に開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!