日本GP 2015

/ Commentary

フリー走行2

2015年F1世界選手権第14戦日本GP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後14時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

これより2015年F1世界選手権第14戦日本GP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。木曜日から続く雨でウエットコンデイションに見舞われた初回セッションはタイムを計測したドライバーが12名にとどまりました。

ほとんどのドライバーがウエットタイヤで走行する中、最もコンディションが改善していたタイミングでインターミディエイトタイヤを履いたトロ・ロッソのカルロス・サインツが1分49秒434のトップタイムを記録。

2番手には同じくインターミディエイトタイヤで自己ベストタイムを刻んだレッドブルのダニール・クビアトが入り、メルセデスのニコ・ロズベルグはウエットタイヤで3番手タイムを残しています。

エンジンサプライヤーであるHondaの母国グランプリに挑むマクラーレンはジェンソン・バトンが12番手タイムを記録した一方で、フェルナンド・アロンソは5周を走りながらもタイムは計測しませんでした。

現在の鈴鹿は雨が小ぶりになったもののウエットコンデイションは変わらず。気温22度、路面温度24度、湿度87%との発表です。間もなくフリー走行2回目が始まります。

ピットレーン出口のシグナルが青に変わり、セッションがスタートしました。

すぐにコースインする陣営はありません。

開始から3分が経ってレッドブルのクビアトがガレージを出発。タイヤはインターミディエイトをチョイスしています。

インストレーションラップを終えてタイム計測を開始したクビアト。

フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグとメルセデスのニコ・ロズベルグが合流。

さらにザウバーからマーカス・エリクソン、フェラーリはキミ・ライコネンがコースに入ります。

ロズベルグだけがウエットタイヤを装着。それ以外のドライバーはインターミディエイトタイヤでシステムチェックに臨んでいます。

まだ一部では若干の降雨があるようですが、雨は止み始めている様子。

クビアトは1分49秒374をマークしてピットに帰還。

ロズベルグはインストレーションラップを走っただけでピットに引き上げていきました。

ライコネンが1分50秒台、ヒュルケンベルグが1分51秒台のタイムを記録。

フォース・インディアのセルジオ・ペレスとザウバーのエリクソンは1分52秒台を刻んでいます。

他にはエリクソンのチームメイトであるフェリペ・ナッサーがコース上。

ロータスのパストール・マルドナドが加わり、ロズベルグが再度コースに入っています。

さらに本日初登場のロータスを駆るロマン・グロージャンがガレージを離れました。初回セッションはリザーブドライバーのジョリオン・パーマーにマシンを貸し出していたため、これが今年最初の鈴鹿での走行です。

コンディション的にはインターミディエイトタイヤが適しているようで、ウエットタイヤでインストレーションラップを走ったロズベルグもインターに履き替えています。

メルセデスのハミルトンとレッドブルのダニエル・リカルドが加わりました。

少しずつコースに向かうマシンが増えています。

ロズベルグが1分48秒台に入れてトップに立ちました。

ライコネンが最後のシケインでコースオフ。芝生に乗り上げてしまいました。事なきを得てコースに戻ります。

レッドブルのリカルドがロズベルグに0.871秒差のタイムを残して2番手に。

直後、ハミルトンが1分48秒853をマークして2番手に飛び込み、トップ3のオーダーはロズベルグ、ハミルトン、リカルドに変わりました。

バトン車にいくつかトラブルが起きていたと言うマクラーレン。すでに修正作業は終わったようで、走行に向けて準備を進めている様子。

アロンソはまだレーシングスーツをまとっておらず、チームによるとこちらもマシンの作業が行われている模様。いくつかパーツを交換しているとのことです。

マクラーレンのガレージからバトンが出てきました。

メルセデスのロズベルグは6周を走って1分48秒300の最速タイムを刻み、いったんピットに戻ります。

トロ・ロッソのマックス・フェルスタッペンはガレージでエンジニアと打ち合わせ中。マシン周りではメカニックたちが急ぎ作業にあたっています。

トロ・ロッソマシンはジャッキアップされており、メカニックがマシン下に入って作業中。リア周りにも複数のメカニックがいます。

ウィリアムズのフェリペ・マッサがコースイン。

マクラーレンのバトンは1周のシステムチェック後、ピットに戻っています。

メルセデスのロズベルグとハミルトンが1−2態勢を築き、レッドブルのリカルドとクビアトが3番手と4番手、その後ろにフェラーリのベッテルとライコネンが続いています。

ザウバーの無線連絡によると、どうやらこの後、再度の降雨が予報されている模様。

財政難による苦境が続くロータスですが、マルドナドが7周、グロージャンが6周を走り、最初の走行プランを完了しています。

現在、コースを走っているのはベッテルとマッサ、マノー・マルシャの2台です。

ベッテルがピットに戻ってコース上は3台に。

セッションが始まって30分、まだコースに一度も姿を見せていないのはマクラーレンのアロンソ、トロ・ロッソのフェルスタッペン、ウィリアムズのボッタスです。

マクラーレンのバトンは1周を走っていますがノータイム。この4人以外のドライバーは少なくとも一度のタイム計測を終えています。

トロ・ロッソのガレージからフェルスタッペンが出てきました。

マクラーレンのバトンが再びコースイン。

アロンソはエンジントラブルに見舞われた模様。ガレージではメカニックが修正作業にあたっており、どうやらこのセッションでの走行は可能性が低そうです。

ウィリアムズのボッタスもガレージでの待機が続いています。

マクラーレンによると、バトンのマシンはERSトラブルが発生したそうで、ピットインが指示されています。

バトンは1分51秒861のタイムを刻んで現在12番手の位置。

また少し雨脚が強まってきたようです。いったんは止んだものの、グランドスタンドのファンも雨具を準備しています。

バトンはフロントウイングを交換して再度コースに。

現在はリカルド、ライコネン、ヒュルケンベルグ、バトン、ペレスが周回を重ねています。

ウィリアムズのマッサとボッタスは2人揃ってピットウオールにいます。マッサは6周を走って16番手タイムを残していますが、ボッタスはまだこのセッションで一度も走行していません。

降雨でコンディションが悪化しています。まだインターミディエイトタイヤからウエットタイヤに履き替えたドライバーはいません。

セッション前半の45分が終了しました。トップに立っているのはレッドブルのクビアトで、1分48秒277の最速タイムを刻んでいます。

マクラーレンのアロンソがガレージを離れました。マシンの準備が整い、インストレーションラップを走るとのこと。

コース上を走るマシンリアから上がる水しぶきが徐々に激しくなってきました。

マクラーレンはアロンソがコースインした一方でマシンをガレージに収めたバトンはいったんコックピットを離れます。

インストレーションラップを終えたアロンソがガレージに戻ってきました。

降雨の影響でコンディションが悪くなっており、ほとんどのマシンがピットに帰還しています。

現在はフェラーリのベッテルが走るのみ。そのベッテルは先ほどスプーンでワイドに膨らんでしまいました。

ベッテルがピットインしてコース上は無人に。

しばらく静けさを取り戻していた鈴鹿に再びエンジン音がとどろきます。出てきたのはザウバーのエリクソン。

エリクソンはウエットタイヤを履いています。土曜日以降はドライになると予報されており、雨天用のタイヤが登場するのは初日だけとなりそうです。

エリクソンに続くドライバーはおらず、ザウバーマシンの独占状態で周回を重ねています。

アクアプレーニングに見舞われている様子のエリクソン。バランスを崩すシーンが見られましたが、なんとかマシンを操ってコース上にとどまっています。

エリクソンは無線でアクアプレーニングを訴え、ピットインを要求。チームがそれを許可してピットレーンへと入っていきます。

セッションは残り30分ありますが、天候悪化に伴い、走行が制限されています。

マクラーレンのアロンソがピットレーン出口に停車しています。発進練習の後、コースに入りました。

アウトラップを完了したアロンソがタイム計測をスタートさせています。

タイヤはフルウエットを装着しているアロンソ。マノー・マルシャ勢のペースは上回れそうですが、コンディションを考えるとラップタイムはさほど良いとは言えません。

アロンソのタイムは1分58秒087。トップから8.810秒遅れの17番手です。

アロンソは自己ベストを1分55秒台に入れましたが、ポジションは変わらず17番手。

アロンソがピットに引き上げてきました。

入れ替わるようにガレージを離れたのはメルセデスのロズベルグ。スタート練習に励み、コースに入りました。

暫定2番手につけるロズベルグはトップのクビアトに0.023秒しか遅れていません。ただ、ウエットタイヤで走るように、セッション序盤と比べると路面状態が悪く、自己ベストを更新する機会はなさそうです。

もう一台のメルセデスを駆るハミルトンが加わりました。

ロズベルグはいったんピットレーンを通過して再度コースに向かうようです。スタート練習がメインの作業でしょうか。

メルセデス勢にベッテルが合流。

ハミルトンもピットレーンとコースを往復しながら発進手順の確認を行っています。

マクラーレンのバトンが加わりました。

セッション終了まで10分を切りました。ウィリアムズのボッタスにはいまだ動きなし。

ウエットタイヤでタイム計測中のベッテルは1分59秒半ばのペース。

ストレートでアクアプレーニングが起きていると訴えていたバトン。チームはもう少し走って欲しそうでしたが、ピットに引き上げてきました。

ベッテルはウエットタイヤでの走行を継続。

また少しコースに出るマシンが増えてきました。フォース・インディアのヒュルケンベルグとペレスがベッテルに合流し、さらにマクラーレンのアロンソが加わっています。

フェラーリのライコネンも初日最後の走行に向かいました。

フェラーリ勢はウエット路面にもかかわらず、ベッテルが17周、ライコネンが16種を走破。10チーム中最も多くの周回数を走っています。

結局、ボッタスは一度もコースに出ることなくこのセッションを終えそうです。

チェッカーが振られてセッション終了。

このセッションでは序盤にレッドブルのクビアトがインターミディエイトタイヤで刻んだ1分48秒277がトップタイム。ロズベルグが0.023秒差の2番手に続き、ハミルトンがトップに0.576秒遅れて3番手でした。

土曜フリー走行のセッションは26日(土)12時からスタート予定です。それではまた明日お会いしましょう!