イタリアGP

/ News

  • イタリアGP - ピレリ - 初日

ピレリ、「タイヤ挙動の全体像は不完全」

Me
2019年9月7日 « マシンの感触に「びっくり」とグロージャン | 「クルマにはだいぶ慣れた」とガスリー »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

6日(金)に開幕したシーズン第14戦イタリアGPは初日に2回のフリー走行が実施され、両セッションを通してフェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムを記録した。

2番手にはメルセデスのルイス・ハミルトンがつけ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がトップ5に並んだ。

ウエットコンディションでスタートした最初のフリー走行は終了間際に10台がドライタイヤを試し、ミディアムタイヤを履いたルクレールが最速タイムを刻んでいる。

マリオ・イゾラ(自動車レース責任者)

「モンツァの初日はトリッキーだったが、だからといって価値がなかったわけではない。何より、残りの週末の天気がまだはっきりしていないからね。結果として、チームはスリックとインターミディエイトタイヤで大半を走行した。それはどんなことにも備えるためであり、同時にクロスオーバーのポイントを判断するためだった。フルウエットタイヤも使用されたが、小数のドライバーが一握りのラップを走ったに過ぎない。それでも、両方のセッションが何度も中断されたのは事実だ。その結果、チームたちはまだ相当量のデータを欠いており、タイヤ挙動の全体像が不完全なことを意味する。明日のフリー走行はチームたちが予選に臨むにあたって極めて重要なものとなり、コンディションに大きく左右されるだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.