イタリアGP

/ News

  • イタリアGP

イタリアGPダイアリー:ロッシ大好きノリスが大はしゃぎ

Me
2019年9月6日 « アルボンのデビュー戦への評価に首をかしげるクビアト | 危険や技巧への認識向上を願うハミルトン »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

レース週末のF1パドックはいつも緊張感に満ちているが、ここではイタリアGPの現場から息抜きになるエピソードを紹介しよう。

崇拝

F1ルーキードライバーのランド・ノリスは、今週末のレースで子どもの頃からのヒーローだったというバレンティーノ・ロッシをたたえるヘルメットを使用する。彼のヘルメットは7度のMotoGP王者のトレードマークである太陽のマークと伝統的なブルーと蛍光カラーで彩られる。

19歳のノリスはモンツァでの週末を控えた5日(木)に特別デザインを披露した。

「ランドは今週末のモンツァで彼のヒーロー、ロッシをたたえた特別カラーを使用する」

「イタリアにいるんなら、ロッシっぽいものを着なくちゃだよね」

ノリスは先月シルバーストーンでMotoGPのレースを訪れてレジェンドとの対面を果たしており、よほどうれしかったらしい。上から下までイタリア人ライダーのナンバーがデザインされたロッシブランドの服を着て『Twitch』のストリーミングに登場するなどしている。

「今日? ああ良かったよ。緊張なんてしてないんだからね」

「僕がロッシファンだって今まで言ったことあったっけ・・・?」

「外は暑いね。水分補給を忘れずにロッシグッズ収集に励もう」

「こんな感じでレースウイークに突入」

その行動の裏にある思いをノリスは説明した。

「昔からいろいろ変えるのが好きだったんだよ」と彼はモンツァのレースを前に述べた。「カート時代は違うヘルメット、スーツ、ブーツ、ステッカー類を使っていた。、カーレースになるといろいろと制限されてしまうけど、本当は今だって、可能ならスペシャルヘルメットとかブーツとかを使いたいんだ」

「バレンティーノには少し前に、ソーシャルメディアでだけど、こういうことをしてみたいってのは話してある。計画を実現しようとしていた時で、やるならもちろん彼の許可が必要だからね」

「このレースを1回限りのものじゃなく、記憶に残るようなもっとスペシャルなものにするチャンスだし、それにはバレンティーノとのつながりを強化するのがいいと思ったんだ。彼はずっと憧れていた僕のヒーロー。その思いをこれでもかと表現した結果だよ」

© ESPN Sports Media Ltd.