モンツァ・サーキット RSS


イタリア・モンツァ

  • サーキットタイプ Race
  • コース全長 5.793kms
  • コーナー数 11
  • 周回方向 時計回り
  • 観客収容人数 115,000
  • 設立年 1922
モンツァ・サーキット
データ
レース 開催日 優勝
初開催 イタリアGP 1950年9月3日 Nino Farina (ITA) レース結果
ラストレース イタリアGP 2013年9月8日 セバスチャン・ベッテル (GER) レース結果
グランプリ開催数 63
次回開催 イタリアGP 2014年9月7日

このページのトップへ上へ

サーキット情報

伝統的なグランプリサーキットのスタイルを保つモンツァは特別な雰囲気を持つ。イタリアのファンからは"La Pista Magica(ラ・ピスタ・マジカ/魔法のトラック)"と呼ばれ、親しまれている。

1922年にたった100日間で、ミラノのオートモービル・クラブによって造られたモンツァは、現在使用されているヨーロッパのサーキットの中で最も古いもののひとつである。イタリアで2番目に大きなミラノ市郊外のロイヤルパークに、長くフラットなストレート、高速コーナー、シケインなどがレイアウトされている。ヨーロッパのサーキットで最も平均速度が速いサーキットのひとつで、その開催暦もやはり長い。

高速の特性ゆえに、これまで数々の重大事故が発生したモンツァ。1970年に亡くなり、死後にチャンピオンの称号を得た唯一のドライバーであるヨッヘン・リントをはじめ、多くのドライバーの命を奪ってきた。ドライバー、観衆、サーキットスタッフの安全性を向上させるべくさまざまな改善が行われたが、とりわけバリアンテ・デラ・ロッジアのランオフエリアが不足しているとの非難を受けている。

安全面での議論は高まる一方だが、それでもモンツァは高速バトルを期待するファンのお気に入りのコースだ。レース日には"ティフォシ"として知られる伝統的なフェラーリファンで応援席が真っ赤な海と化し、サーキットのあらゆるところでフェラーリに声援を送る。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2010年5月20日

バンクに立つF2ドライバーたち

2010年5月20日

バンクに立つF2ドライバーたち

2009年9月13日

モンツァの看板

2009年9月13日

ジェンソン・バトン

        

関連画像リスト

このページのトップへ上へ