インドGP

/ News

  • インドGP

第2のインドGPを検討するエクレストン

M.S.
2012年10月27日 « 予算額の影響を認めるライコネン | ボッタス、ウィリアムズからのデビューを希望 »
観客が少ない今年のインドGP © Sutton Images
拡大
関連リンク

バーニー・エクレストンが将来のレースとしてインド第2の舞台を検討する模様だ。

ただし、現在の20戦のカレンダーには余裕がないとエクレストンは認めてもいる。

「現在のチャンピオンシップでも、これから見込まれるものにしても、あまりにレースが多すぎる。したがって、おそらく後ほどだ。3年か4年後だろう」とエクレストンは『Reuters(ロイター通信)』に述べた。

しかし、昨年の初開催時にはインドのスタンドに大勢の観客が訪れたものの、F1一行が同地に戻ってきた今年は空席が目立っている。

インドモーターレース連盟の会長であるビッキー・チャンドックは、最大の問題は高価なチケットだと指摘し、『CNN』に次のように語った。

「(インド)グランプリのグループとF1には2015年まで契約がある。それ以降については継続が可能であることを願っており、そうでなければF1は権利料などへのアプローチを変え始めるかもしれない」

ビッキーはエクレストンに支払っているブッダ・インターナショナル・サーキットの"非常に高い"年間開催費が4,000万ドル(約31億9,000万円)に上ると明かしている。

© ESPN Sports Media Ltd.