インドGP

/ News

  • インドGP - 土曜フリー走行

ベッテルがまたも最速、2番手にバトン

M.S.
2012年10月27日
ここまで全セッションでトップタイムを記録したベッテル © Sutton Images
拡大
関連リンク

初開催から1年、インドのブッダ・インターナショナル・サーキットに再びF1サーカスが集い、27日(土)日本時間14時30分から2012年FIA F1世界選手権第17戦インドGP土曜フリー走行が実施された。

初日の金曜日に行われたフリー走行では今週末もレッドブル勢が速さを見せ、ポイントリーダーのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が2回実施されたセッションの双方でトップに立った。1回目のセッションで2番手ジェンソン・バトン(マクラーレン)に0.310秒差の1分27秒619を刻んだベッテルは、現地午後に入って1分26秒221を記録し、0.118秒後方に続いたマーク・ウェバーと共にレッドブルの1-2態勢を築いている。

6ポイント差でベッテルを追うフェルナンド・アロンソは初日の両セッションで3番手タイムをマークした。

土曜フリー走行スタート時の天候は晴れ、気温27度、路面温度34度のドライコンディションだった。予選前最後の60分間がスタートするとキミ・ライコネン(ロータス)を先頭に続々と各ドライバーたちがコースへと向かう。

あっという間に全車がインストレーションラップを終えて静けさを取り戻したサーキットで、ライコネンが再び先陣を切ってプログラムを開始する。チームメイトのロマン・グロージャンも加わり、次第にマシンの数は増えていった。

最初に1分30秒台を刻んだライコネンは1分27秒686の最速タイムを残してガレージへと帰還。このタイムはしばらくの間タイムシートの頂点にとどまっていたものの、後から始動したレッドブルコンビが1分26秒台に乗せ、ベッテルとウェバーの順で上位を独占する。

続く周回でウェバーがベッテルに0.165秒の差をつける1分26秒657で暫定トップに。しかし、直後にベッテルが全セクターを最速タイムでまとめ、1分25秒台をたたき出した。

セッションが折り返し地点を迎えるまでにフェラーリを除く22台がタイムを残しており、上位はベッテルとウェバーにハミルトンとバトンのマクラーレン勢が続く形。その後5番手タイムをマークしていたウィリアムズのブルーノ・セナがマクラーレンの2人をうわまわって3番手に浮上している。

フェラーリ陣営が動いたのはちょうどセッションの前半30分が終わるタイミングだった。この頃には2番手にポジションアップしたハミルトン含め、バトン、ライコネンら7名ほどがコース上での作業に取り組んでいた。

マッサは最初のタイムを11番手に入れ、アロンソは最後方となる24番手。2人はそれぞれの位置から少しずつペースを上げていく。残り25分を切るとほとんどのマシンが作業を再開し、上位にはベッテル、ハミルトン、バトン、ライコネン、ウェバーが並んでいた。

ここまではプライムのハードコンパウンドのみが使用されていたが、ブルーノやフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグ、メルセデスのミハエル・シューマッハからソフトコンパウンドを投入し、ヒュルケンベルグは上位勢の間を割って4番手に飛び込んだ。

残り15分では多くの陣営がいったんマシンをガレージに戻す中、ブルーノが3番手に上がっている。ウェバーが最終コーナーの入り口でスピンを喫したものの、態勢を立て直してそのままピットへ向かった。

しばしの沈黙が訪れたブッダ・インターナショナル・サーキットだったが、終盤にはプログラムの締めくくりに取りかかるマシンで混み合い、ラスト5分では全車がコースイン。ほぼすべてのドライバーがソフトタイヤで走行し、自己ベストを更新しようとさかんにプッシュする。

中でもバトンが速いタイムを刻んだが、ベッテルのペースには届かない。ベッテルは最後までタイムシートのトップを譲らず、1分25秒842の最速タイムでこのセッションを締めくくった。

2番手バトンからウェバー、ハミルトン、ライコネン、6番手ブルーノまでがトップから0.4秒以内につけ、さらにアロンソ、ヒュルケンベルグ、シューマッハ、グロージャンのトップ10と11番手マッサがベッテルと1秒以内のタイムを残している。ザウバーの小林可夢偉は18番手タイムだった。

インドGP予選はこのあと日本時間17時30分スタート予定。予選もお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.