インドGP

/ News

  • インドGP

インドGP木曜日の記者会見パート1

Jim
2011年10月28日 « 「恐ろしい2週間だった」とベッテル | もっとリスクを冒すとアロンソ »
記者会見に登場したカーティケヤンとシューマッハ © Sutton Images
拡大

今季カレンダーに初登場したインドGP開幕を前に、27日(木)に開かれたFIA公式記者会見に地元出身ドライバーのナレイン・カーティケヤン(HRT)をはじめ、ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)が出席した。

Q: まずはインドの印象について聞かせてください。エイドリアン(スーティル)、あなたは何度か訪れていらっしゃいますし、今回はすでに1週間ほどご滞在ですよね。

エイドリアン・スーティル: うん、だからインドのことは知っている。サーキットはかなりいい感じだと思うよ。今朝、サーキットをまわってみたんだけど、すべて完成しているようだった。レイアウトも本当におもしろそう。まだかなりホコリっぽいし、だいぶ汚れていると言わざるを得ないから、明日の朝、どうなっていくかを見てみないとね。でもきっと素晴らしいイベントになると思う。僕たちにとってはかなり特別なイベントだし、僕たちがどんどん良くなり始めてもう数年経つから、インドの人たちも僕たちのチームのことを知っていてくれるし、インドにF1を紹介するタイミングが来たと思っている。僕たちにとっては最高の週末だ。たくさんの人たちが見てくれている。楽しみだね。

ルーベンス・バリチェロ: 僕もコースはとてもいいと感じている。短期間で彼らは本当にものすごい仕事を成し遂げたと思う。明日には走るけど、新しいサーキットならどこだって汚れているものだしホコリもあるものだから普通と言えるんじゃないかな。今のところ見た感じは楽しいよ。

ヤルノ・トゥルーリ: 僕の場合は昨夜到着したばかりだけど、サーキット自体はとてもいい感じだね。インドにこれだけの素晴らしいサーキットができたことを誇りに思っているはずだ。特にインドにおけるモータースポーツの今後についてはね。サーキットのレイアウトはとてもおもしろそう。もちろんどれだけ汚れていてどれだけホコリっぽいのかは疑問が残る。今朝、自転車で走ってみたときはかなり汚れていた。今日と明日の朝にもキレイにしてくれるだろうし、週末を通してサーキット(路面)がどう発展していくかを見てみる。だけど、間違いなくとてもいいものだと思っている。

フェリペ・マッサ: とてもステキだと思う。インドで楽しく過ごしているし、サーキットを見るのも楽しい。ヘアピンはどこもブレーキングポイントがワイドだから2つのラインが取れそうだけど、とてもおもしろいと思う。オーバーテイクとかそういうのについても本当に興味深い。素晴らしいサーキットだと思っている。

ナレイン・カーティケヤン: まず、これまでも言ってきたように、僕は自分のレースキャリアにおいてインドでレースができるなんて思ってもいなかったけど、それがすぐ間近に迫っている。サーキットについては皆が言う通り、ワイドな部分がいくつかあるから異なるラインが取れるだろうし、オーバーテイクもたくさん見られるはず。ランオフエリアなどがたくさんあって間違いなくチャレンジングなサーキット。彼らが本当にいい仕事をしたことは疑いようがない。

ミハエル・シューマッハ: 他の皆と同じく、彼らは本当に最高の仕事を成し遂げたと思う。とてもおもしろそうだ。セーフティカーの走行を見ただけだけど、高度の変化もあるし、ブラインドスポットもいくつかあるから、高速や低速のコーナーを考えると僕たちにとってはちょっとチャレンジだろうね。オーバーテイクには良さそうだから、いろんなことがいい感じに組み合わさって僕たち自身、楽しく走れそう。ドライブするのが楽しみだ。それが正直な気持ち。どう感じたか、本当に伝えるべきことはそれだけだね。

Q: ブラインドスポットというのは興味深いですが、それはどこなのでしょうか。

シューマッハ: ターン3だよ。

Q: ヘアピンに向けてですね。おもしろくなりそうではありませんか?

シューマッハ: そうだね、その通りだと思うよ。エントリーをとてもワイドにしたサーキットでオーバーテイクを試みる新しい視点だ。守りのメカニズムはひとつのラインだから、もしある程度遠回りをすればアウト側のラインを選んだ他のドライバーがストレートエンドで仕掛けられる。オーバーテイクの作戦実行にはいいと思うし・・・(続きは携帯サイトで!)

携帯サイト『F1-Live.com MOBILES』ではインドGPで開かれるすべての記者会見の全文を配信! F1最新ニュースをイチ早く、さらに盛りだくさんの内容でお送りするF1-Live.com MOBILES(月額315円)で、ぜひF1シーズンをご堪能ください。

携帯サイトURL⇒http://k.F1-Live.com/m

i-mode: メニューリストスポーツモータースポーツ
EZweb: カテゴリ(メニューリスト)趣味・娯楽/スポーツ・レジャー車・バイク
Y! ケータイ: メニューリストスポーツF1・モータースポーツ

公式twitter URL: @ F1_Live_com

QR Code

© ESPN Sports Media Ltd.