インドGP

/ News

  • インドGP

インドGP、有名なクリケット選手がチェッカー担当

Kay Tanaka
2011年10月25日 « クビサの復帰に医師が太鼓判 | ロータス、チャンドックを起用せず »
2005年スペインGPでカーティケヤンのマシンに乗りこむテンダルカー © Getty Images
拡大

『Times of India(タイムズ・オブ・インディア)』紙によると、インドの有名なクリケット選手であるサチン・テンダルカーが今週末のインドGPでチェッカーフラッグを振る大役を担うようだ。

最終的な決定はフォーミュラ・ワン・マネジメント(FOM)によって27日(木)に下されるようだが、レース主催者側は大のモータースポーツファンとして知られるテンダルカーに大役を任せる考えだ。

「サチンのモータースポーツへの愛はよく知られており、インドにおける最大のスポーツ選手でもあります。彼を候補に挙げたのは論理的な理由からです」と主催者は説明している。

テンダルカーは2002年にシルバーストーンで行われたイギリスGPを見てから、F1を追いかけ続けている。

チェッカーフラッグを振るというレースを締めくくる行事を偉人に依頼するというのは、いいアイデアだろう。実際にレースにかかわるという意味で真っ当な役割になるだろうが、場合によっては失敗となることもある。その顕著な例は2002年ブラジルGPのペレだ。ペレは関係者との打ち合わせに集中していたあまりレース勝者のミハエル・シューマッハ(当時フェラーリ)にチェッカーフラッグを振ることができず、最初にチェッカーを受けたのは2周遅れでゴールした佐藤琢磨(当時ジョーダン)という珍事が起きている。

© ESPN Sports Media Ltd.