30秒ごとに更新されます

ポール・トゥ・ウインを決めたベッテルですが、ファステストラップはファイナルラップで1分27秒679をたたき出したライコネンに奪われてしまいました。とはいえ、ドライバーズ選手権4連覇の喜びにひたるベッテル。ホームストレートでドーナツターンを披露してファンに大サービス。霞が解消されず視界不良のブッダ・インターナショナル・サーキットがタイヤスモークでさらに真っ白・・・になってしまいましたが、ファンは大喜びしています。

また、ロータス勢を含め複数のドライバーがチェッカーを受けた直後、ピットレーンの出口付近にマシンを停めています。

ベッテルとレッドブルが4年連続のチャンピオンシップ制覇を決めたインドGPはこれにて閉幕。5日後には次なる舞台、ヤス・マリーナ・サーキットへと移動してシーズン第17戦アブダビGPが開幕します。初回セッションは11月1日(金)日本時間18時スタート予定です。それではまた次回アブダビGPでお会いしましょう!

60周目

ベッテルがファイナルラップに入りました。どのドライバーもギリギリの状態でチェッカーを目指しています。

2位以降に27秒以上の大差をつけて、ベッテルがトップチェッカー! 4年連続の世界王者に輝きました。レッドブルのコンストラクターズ選手権制覇も決まっています。

2位でゴールしたのはロズベルグ、グロージャンが3位に入って3レース続けての表彰台を記録。

4位以降、入賞はマッサ、ペレス、ハミルトン、ライコネン、ディ・レスタ、スーティル、リカルドでした。アロンソは11位完走、ポイント獲得ならず。

59周目

ハミルトンとペレスがライコネンを追い抜きます! ペレスはハミルトンをも追い越して5番手に浮上! ハミルトンも必死に食らいついていきますがペレスが差を広げていきます。

ライコネンがここへ来てピットイン。1ストップは成功しませんでした。

また、ロータスはグロージャンに対してできる限りショートシフトで走るように指示。

58周目

ペースが1分32秒台に落ちているライコネン。ハミルトンとペレスもオーバーテイクを仕掛けてきます。

ただ、ハミルトン自身もタイヤがきつい状況・・・。ペレスにとっては2台抜きのチャンス到来です!

57周目

ロータスのチームメイト対決! グロージャンがライコネンをオーバーテイク・・・しかけましたが、ライコネンが前をキープ!

グロージャンがコースを外れてライコネンの前に出てしまったため、一度ポジションを戻したようです。最終的にグロージャンがライコネンをオーバーテイクし、タイヤがきついライコネンはさらにマッサにも追い抜かれてしまいました。

56周目

1ストップ戦略を採るロータス勢の2秒後方にマッサが接近。

ヒュルケンベルグがマシンをガレージに入れてしまいました。マシンを降りてレース終了。

ハミルトンが無線でタイヤがダメになっていると訴えます。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1 Free practice 3 Free practice 2 Free practice 1
 
  • クリスチャン・ホーナー(インドGP/ニューデリー、2013年10月27日) ピットレーンで優勝祝いの記念撮影を楽しむレッドブル一行(インドGP/ニューデリー、2013年10月27日) 先頭でターン3を抜けるセバスチャン・ベッテル(インドGP/ニューデリー、2013年10月27日) ターン1に向けてセバスチャン・ベッテルを追う後続車たち(インドGP/ニューデリー、2013年10月27日)
  • 第1コーナーを高速で通過していくロマン・グロージャン(インドGP/ニューデリー、2013年10月27日) パドックを行くフォース・インディアコンビ(インドGP/ニューデリー、2013年10月27日) コースを外れて怒りのジェスチャーを示すギド・ヴァン・デル・ガルデ(インドGP/ニューデリー、2013年10月27日) ピットストップを行うセルジオ・ペレス(インドGP/ニューデリー、2013年10月27日)
  • 4年連続の戴冠を祝うセバスチャン・ベッテル、エイドリアン・ニューイ、クリスチャン・ホーナー(インドGP/ニューデリー、2013年10月27日) 優勝後の記者会見に出席したセバスチャン・ベッテル(インドGP/ニューデリー、2013年10月27日) 歓喜に沸くレッドブルの主役はセバスチャン・ベッテル(インドGP/ニューデリー、2013年10月27日) ガレージでトロフィーを見つめながら物思いにふけるセバスチャン・ベッテル(インドGP/ニューデリー、2013年10月27日)