インドGP 2013

/ Commentary

フリー走行2

2013年F1世界選手権第16戦インドGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後日本時間17時30分よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2013年F1世界選手権第16戦インドGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。先ほど実施された初回フリー走行ではレッドブルのセバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーがタイムシート上位を独占。トップタイムを記録したのはベッテルで、1分26秒683を刻んでいます。

3番手に入ったのはメルセデスのニコ・ロズベルグ。ロータスのロマン・グロージャンを挟んで相棒のルイス・ハミルトンが5番手でした。

ベッテルと90ポイント差ながらランキング2位につけるフェラーリのフェルナンド・アロンソはギアボックストラブルに見舞われ、ライバルよりも早く作業終了を強いられています。アロンソは6周の走行にとどまり、1分28秒214がベストタイムでした。とはいえ、フェラーリによるとメカニカルの問題だったらしく、ギアボックスの交換は免れたとのこと。問題はすでに修復されたそうです。

まだ霞がひどいブッダ・インターナショナル・サーキット。現在の気温は30度、路面温度40度、湿度38%のドライコンディション。間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

マルシャのマックス・チルトンがコースに向かい、ウィリアムズのバルテリ・ボッタスともう一台のマルシャを駆るジュール・ビアンキが続きます。

ロータスのガレージからはキミ・ライコネンが登場。

さらに、初回セッションを欠席したフォース・インディアのポール・ディ・レスタが本日初登場です。メルセデスのハミルトンやロータスのグロージャンなどもコースに入っています。

フェラーリのアロンソも始動しました。

各車、インストレーションラップからそのままプログラムを開始しているようで、ボッタスが1分29秒663を刻み、チルトンは1分32秒台のタイムを残しています。

メルセデスのロズベルグとレッドブルのベッテルがガレージを離れます。

まだレッドブルのマーク・ウェバーとウィリアムズのパストール・マルドナドはガレージ内。それ以外のドライバーはコース上での作業を始めています。

暫定トップに立つのはライコネン。1分28秒419を記録しています。

2番手にマクラーレンのペレスが飛び込み、パートナーのバトンは4番手タイムを残しました。

グロージャンが1分27秒台に入れてきました。ハミルトンとアロンソが同タイムで2番手と3番手にポジションアップ! 2人は1分28秒146をマークしています。

彼らを上回ったのはレッドブルのベッテル。1分27秒360を刻んでトップに立っています。

ウェバーがコースに出ました。マルドナドはまだガレージ内。

現在のオーダーはベッテルがトップ、グロージャン、ハミルトン、アロンソ、マッサ、バトン、ライコネン、ペレス、スーティルが10番手につけています。

ようやくマルドナドが始動しました。

ザウバーのグティエレス、マルシャのビアンキとチルトンはいったんピットに戻っています。

グロージャンがベッテルの0.005秒差に迫ります。ハミルトンが3番手に上がり、ペレスも自己ベストを更新して4番手。

ロズベルグはタイヤをロックさせ、コースを飛び出してしまいました。事なきを得て走行を続けています。

ウェバーが1分27秒363を記録して2番手に飛び込みます。

さらにロズベルグが2番手に浮上するも、ペレスがそれを上回ります。

上位のオーダーはベッテル、ペレス、ロズベルグ、ウェバー、グロージャンに変わりました。

最後にタイム計測をスタートさせたマルドナドは1分29秒954をマークしてひとまず18番手につけました。

ペレスは好調の様子ですが、もう一台のマクラーレンをドライブするバトンは高速コーナーでリアエンドを失っているようだと報告。バトンは1分28秒130のベストタイムで11番手につけています。

ロズベルグがウェバーのタイムを0.001秒塗り替えてトップに立ちました!

路面コンディションの改善に伴い、各車のタイムやペースが上がっているようです。

多くのマシンがピットに戻り始めています。

コース上はザウバーのグティエレスが走るのみ。

フォース・インディアのスーティルとディ・レスタが加わりました。

5番手タイムを残すグロージャンも合流。

ライコネンがソフトタイヤに履き替えてガレージを出てきました。ベッテルもオプションタイヤを履いているようです。

タイム計測中のライコネンはターン10でマシンのコントロールを乱し、ペースダウン。

ベッテルが1分25秒722を刻みました! 2番手以降に1秒以上のギャップをつけて堂々のトップタイム。ただ2番手のグロージャンのタイムはミディアムタイヤで記録されたものです。

レッドブルはウェバーにもソフトタイヤを投入。

ベッテルはさらにペースを上げていたにもかかわらず、ピットに戻って行きました。

レッドブルによると、ミディアムとソフトのタイム差は0.8秒ほどあるとのこと。

ライコネンが1分26秒632をマーク、2番手にポジションを上げました。

続いてコントロールラインを通過したウェバーが1分26秒フラットを刻み2番手に。レッドブルが1-2態勢を築きます。

ベッテルとウェバーのタイム差は約0.3秒。

メルセデスはロズベルグがソフトタイヤに切り替えてアウトラップを走っているところです。

ロズベルグは自己ベストを1分26秒582に更新。レッドブル勢には届かず3番手です。

ミディアムタイヤでの作業を続けていたハミルトンがピットに帰還。この後、ソフトタイヤに履き替えると思われます。

グロージャンがソフトタイヤでの走行をスタート。どこまでタイムを伸ばせるでしょうか。

現時点で1分25秒台に乗せたのはベッテルのみ。0.289秒差で2番手につけるウェバーもまだ1分26秒台のタイムです。

全セクターで自己ベストを記録したマッサが4番手にポジションアップ。

グロージャンは1分26秒426をマーク。ポジションは3番手に上がりました。レッドブルのベッテルには0.7秒及ばず、ウェバーにも0.5秒ほど差をつけられています。

ソフトタイヤでの作業をひと通り終えた面々がピットに戻り、コース上ではグロージャンやマッサを含め5台しか走っていません。

フォース・インディアのスーティルが1分27秒375の自己ベストを記録。ポジションを9番手に上げています。

フェラーリのアロンソがソフトタイヤに履き替えてコースイン。

アロンソは1分26秒430で4番手に入りました。トップのベッテルとは0.7秒差。

ハミルトンがソフトタイヤを履いてコースに向かいました。

ザウバーのヒュルケンベルグは引き続きアンダーステアに苦悩しているようで、両フロントタイヤの内側のグレイニングもひどいと訴えています。

ソフトタイヤでのタイム計測を終えたハミルトンは1分26秒399をマークしました。ポジションは4番手。

トップのベッテルから8番手のライコネンまでが1秒以内のところにつけていますが、目下、最もレッドブル勢に近い3番手のグロージャンでもベッテルには0.5秒近く遅れている状況。

ロータスのライコネンはまだマシンのセッティングが決まらないのか、縁石でスライドする場面が何度も見られています。

ソフトタイヤでロングランに取り組むレッドブル勢はベッテルが1分31秒後半のペース、ウェバーが1分34秒後半のタイムを刻みながら周回を重ねています。

これまでに17周を走るウェバーはここでいったんピットに引き上げます。

ウェバーはすぐに再びコースへ。装着しているタイヤはまだ確認できていません。

セッション残り30分を切り、タイムシートに動きが見られなくなってきました。

ソフトタイヤの持ちがあまり良くないようで、4周から5周しか持たないとの意見も。ベッテルは無線でブリスターがひどいと訴えています。

レッドブルの2台は揃ってソフトからミディアムのコンパウンドに戻します。

メルセデスの問いかけに対し、ロズベルグはフロントタイヤの状況を報告。摩耗はしているものの、今は安定していると伝えました。

ソフトタイヤでロングスティントを走るロズベルグは1分32秒後半のペースです。

おっと・・・ウィリアムズのマルドナドがストップしています!

イエローフラッグが掲示されています。

マルドナドの右フロントタイヤの内側に火花が見られ、ホイールナットが脱落した模様。最終的にタイヤはパンクし、マルドナドはピットレーン入り口付近にマシンを停めました。

先の日本GPのフリー走行でも同様のハプニングに見舞われていたマルドナド。本人にケガなどはないようですでにマシンを降りて徒歩でピットに戻っています。

コースマーシャルがウィリアムズマシンの撤去作業に励んでいます。

まだイエローフラッグが振られていますが、マルドナドとリカルド以外の20台はコース上でそれぞれの作業に取り組んでいます。

ウィリアムズマシンはクレーンに吊られてコース外に出されるようです。

レッドブルのベッテルとウェバーは共に1分34秒後半のペース、ロータスのグロージャンは1分31秒半ば、ハミルトンは1分32秒半ばのタイムを刻みながらロングランの作業に専念しているようです。

イエローフラッグが解除されました。

セッション残り時間は15分。

フェラーリのアロンソは1分33秒前半のペースを維持して周回数を30に伸ばしています。

ソフトタイヤを試すライコネンに対し、ロータスはいけるところまでプッシュしたいとの意向を伝えました。ライコネンは今のタイヤで他陣営よりも多くの周回数を走り込んでいます。

セッション終了まで10分を切りました。

ライコネンの左フロントタイヤはかなり摩耗しているように見えますが、データを集めたいチームの要望を受けて、さらに周回を重ねていきます。

こちらもオプションタイヤで長い距離を走ったアロンソはここでピットに戻ります。

ミディアムに戻したアロンソはすぐにコースへ。

ライコネンがピットに入り、ミディアムタイヤに交換。再びコースに出て行きました。

トップチームも含め、多くのドライバーが30周以上を走り込んでいます。

ただ、トロ・ロッソのリカルドは17周の走行にとどまっており、ここしばらくガレージから出てきていません。何らかのトラブルを抱えているものと思われます。

ロングランの終盤に差し掛かり、レッドブル勢のペースが上がっているようです。とはいえ、ベストタイムを更新するタイムではありません。

大きなタイム更新のないまま、ここでセッション終了です。

初日後半のセッションは1分25秒722を刻んだベッテルがトップでした。唯一、1分26秒の壁を突破しています。0.289秒差の2番手にウェバーが続き、レッドブルが初日の両フリー走行で1-2を達成。

このセッションでは3番手にロータスのグロージャンが入り、4番手にハミルトン、フェラーリのアロンソが5番手タイムを残しました。

土曜フリー走行は26日(土)日本時間14時30分より開始されます。それではまた明日お会いしましょう!