インドGP 2013

/ Commentary

予選

2013年F1世界選手権第16戦インドGP予選のセッションはこの後日本時間17時30分より開始予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2013年F1世界選手権第16戦インドGP予選の模様をお届けいたします。初日に引き続き、先ほど実施された土曜フリー走行もレッドブルのセバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーが1-2で締めくくり、共に1分25秒台のタイムを記録しました。ベッテルがマークしたトップタイムは1分25秒332。

3番手にはドライバーズ選手権2位につけるフェラーリのフェルナンド・アロンソが入り、相棒のフェリペ・マッサは6番手タイムを残しています。

土曜フリー走行は視界不良のため開始が20分遅れたこともあり、各チームともプログラムを調整して作業に励んでいました。

このままレッドブルが上位を独占し続けるのか、あるいはフェラーリやロータス、メルセデスが上回ってくるのか。決勝レースに向けて重要な予選セッションに注目していきましょう!

ドライコンディションながら靄が晴れないブッダ・インターナショナル・サーキットの現在の気温は30度、路面温度39度、湿度33%。間もなく予選Q1がスタートします。

Q1が始まりました。

最初にコースに飛び出していくのはザウバーのエステバン・グティエレス。タイヤはミディアムコンパウンドをチョイスしています。

まだグティエレス以外のドライバーに動きはありません。

メルセデスのガレージから出てきたのはニコ・ロズベルグ。フォース・インディアのエイドリアン・スーティルが加わります。

さらにマクラーレンのジェンソン・バトンやザウバーのニコ・ヒュルケンベルグも始動。

地元グランプリを迎えたフォース・インディアはポール・ディ・レスタもコースに送り出しています。

グティエレスが1分27秒529をマーク。

徐々にコースに向かうマシンが増えてきています。

ロータスのキミ・ライコネンとメルセデスのルイス・ハミルトンも合流。

ロズベルグは1分45秒台にとどまり、仕切り直しのラップに挑みます。

ほとんどのドライバーがミディアムタイヤを履いている様子。

スーティルは1分32秒452でした。ヒュルケンベルグが1分27秒台に入れて2番手に飛び込んでいます。

1分26秒台に入れたロズベルグがトップに。ハミルトンが0.4秒差の2番手タイムを刻んでいます。

まだレッドブルの2台とフェラーリのアロンソ、ロータスのロマン・グロージャンはガレージにとどまったまま。

ライコネンが1分26秒817をマークして2番手にポジションを上げています。

マクラーレンのセルジオ・ペレスがトップタイムを刻んできました。タイムは1分26秒533。

まだ4台がコースに姿を見せていませんが、現在のオーダーはペレスのタイムを0.3秒更新したロズベルグがトップ、ペレス、ライコネンが3番手、ヒュルケンベルグ、リカルド、スーティル、ディ・レスタ、ハミルトン、マッサ、バトンが10番手につけています。

ここでロータスのガレージからグロージャンが出陣。

ザウバーのグティエレスはミディアムからソフトに履き替えてコースイン。

自己ベストを更新したライコネンが2番手に。

オプションタイヤでアタックラップを完了したグティエレスは1分26秒057を刻み、タイムシート最上位に立ちました!

さあ、レッドブル勢の登場です。アロンソもコースに入っています。

アロンソはQ1のアタックにソフトタイヤをチョイス。

最初のタイムが1分33秒台にとどまったグロージャンは2回目のラップで1分26秒708をマーク、5番手につけました。

ソフトタイヤを選んだアロンソが1分25秒台に入れてトップタイム。ミディアムタイヤのベッテルも1分25秒台に乗せていますがアロンソにわずか0.009秒届かず2番手でした。

もう一台のレッドブルを駆るウェバーはベッテルとは異なるコンパウンドを選択。ソフトタイヤで1分25秒955を記録しました。

1分26秒の壁を破っているトップ3のオーダーはアロンソ、ベッテル、ウェバーです。

トップ3のうちベッテルだけはミディアムタイヤを履いています。

フォース・インディアのディ・レスタが1分25秒908を記録してトップに浮上!

ノックアウトゾーンにいるのは17番手のベルヌ以下、マルドナド、ビアンキ、ヴァン・デル・ガルデ、ピック、チルトンです。

オプションタイヤを投入した面々が相次いでトップタイムを更新していきます。

ロズベルグ、ライコネンと入れ替わったタイムシート最上位のポジションはさらにハミルトンに変わり、ウェバーが陣取る格好になりました。

Q1が終了しました。

おお、バトンがトップタイムを塗り替えてきました!

全車のアタックが完了し、ここで姿を消すことになったのは・・・。

ロータスのグロージャン! なんと17番手でQ1敗退です。ミディアムタイヤのアタックだけでQ2に進めると踏んだのが仇となってしまいました。

18番手以降のオーダーはマルドナド、ビアンキ、ヴァン・デル・ガルデ、ピック、チルトンでした。

Q1のトップタイムはバトンがマークした1分25秒574でした。Q2のスタートまでしばしの休息です。

Q2がスタートしました。まだガレージを離れるドライバーはいません。

グロージャンがQ1で敗退したロータス、ライコネンをコースに送り出しました。

フェラーリのガレージからはアロンソが登場。さらにザウバーのグティエレスとフォース・インディアのスーティルが加わります。

ヒュルケンベルグも合流。

ライコネンは1分26秒279を記録しています。

アロンソが1分25秒台に入れました。

ヒュルケンベルグは1分26秒後半、スーティルは1分36秒台にとどまっています。

ほとんどのドライバーがソフトタイヤを選ぶ中、ヒュルケンベルグはユーズドのミディアムを履いて周回中。

フェラーリはマッサも1分25秒台に乗せてきました。

フェラーリ勢を上回ってきたのはメルセデスの2台。ロズベルグが1分25秒337でトップに立ち、ハミルトンが0.1秒差で2番手に続きます。

まだレッドブルの2台はガレージで待機中。Q2は一度もコースに出てきていません。

ザウバーのグティエレスはコースに出たもののタイムを残すことなくピットに戻ってしまいました。

ここでウェバーが出陣。タイヤはまだ確認できていません。

ベッテルもコースに向かいました。こちらはソフトタイヤのニューセットを選んでいます。

ウェバーのタイヤもオプション側でした。

ウェバーがアウトラップを終えてアタックを開始。レッドブルの2台以外でコース上にいるのはロータスのライコネンだけです。

ベッテルもアタックラップをスタートさせました。

一度ピットに戻っていたアロンソが再びコースへ。

ウェバーのタイムは・・・1分25秒097! ベッテルはこれを上回るペースを見せています。

全セクターでファステストをたたき出したベッテルは1分24秒568でまとめてきました。

ライコネンは1分25秒191を記録。ウェバーに0.1秒差の3番手に飛び込んでいます。

16台すべてがコースに出揃いました。Q2の残り時間は1分半。

アロンソが1分24秒台に入れてきました! ただベッテルには及ばず2番手。トップタイムを残すベッテルはすでにピットに戻ってセッション終了を待ちます。

Q2はここでタイムアップ!

ノックアウトゾーンにいるのはディ・レスタ、ボッタス、ベルヌ、スーティル、ヒュルケンベルグ、グティエレスです。

全車がQ2のチェッカーを受け、ここでノックアウトされることになったのは11番手以下のリカルド、ディ・レスタ、スーティル、ベルヌ、ボッタス、グティエレスでした。

Q2の最速は1分24秒568をマークしたベッテル。Q3のスタートまで再びしばしの休息です。

ポールポジションが決するQ3のスタートです。

予選最終セッションにコマを進めたのはQ2のオーダー順に、ベッテル、アロンソ、ウェバー、ライコネン、ハミルトン、ロズベルグ、ヒュルケンベルグ、ペレス、マッサ、バトンです。

ピットレーンがオープンになり、早速ウェバーとアロンソがコースイン。2人ともミディアムタイヤを履いています。

レッドブルのベッテル、マクラーレンのバトン、メルセデスのロズベルグとハミルトンがコースに向かいます。

ベッテルはソフトを選び、バトンはユーズドのミディアムを履いているようです。

マッサ、ライコネン、ヒュルケンベルグは待機中。

アロンソのタイムは・・・1分25秒826。アロンソを先に行かせたウェバーは1分37秒台にとどまっています。

ベッテルがコントロールラインにやって来ました。タイムは1分24秒119! 続いてウェバー。ミディアムで記録したのは1分25秒215でした。アロンソを上回って2番手です。

ベッテル、ウェバー、アロンソの3人以外はタイムを残すことなくピットに引き上げました。

ロータスのライコネンがコースに入っています。

ロズベルグが新しいソフトのセットを履いてコースイン。ハミルトンも同様です。

マクラーレンはバトンもペレスもミディアムタイヤを装着してコースへ。

フェラーリのマッサとザウバーのヒュルケンベルグも始動しました。

すでに1分24秒台に入れているベッテルももう一度コースに向かいます。

ライコネンのタイムは1分25秒248、ポジションは3番手です。

ベッテルは今回もソフトを履いていますが、ウェバーは引き続きミディアムのまま。アロンソもプライムタイヤを選んでいます。

ロズベルグが1分24秒台に乗せます! が、ベッテルには届かず2番手。ハミルトンも1分24秒941を刻みましたが3番手です。

チェッカーが振られて予選終了です。

ライコネンはすでにピットに戻っています。

10台すべてがアタックを終えて、ポールポジションを獲得したのはベッテルです。

2番手にロズベルグがつけ、3番手にハミルトン。ウェバーは4番手でした。5番手以降はマッサ、ライコネン、ヒュルケンベルグ、アロンソ、ペレス、バトンという結果。

明日のレースでは予選のタイヤ戦略がどんな効果をもたらすのでしょうか?

インドGP決勝レースは27日(日)日本時間18時30分スタート予定です。それではまた明日お会いしましょう!