ハンガリーGP

/ News

  • ハンガリーGP - 土曜フリー走行

ハミルトンが最速もトップ3が0.1秒差にひしめく

Jim
2019年8月3日
© Charles Coates/Getty Images
拡大

3日(土)、ハンガロリンクで2019年FIA F1世界選手権第12戦ハンガリーGP土曜フリー走行が実施され、0.1秒以内にトップ3がひしめき合う混戦の中、メルセデスのルイス・ハミルトンがタイムシート最上位に立った。

初日は2回のセッションともインターミディエイトタイヤが登場する不安定なコンディションとなり、最初のフリー走行こそドライ走行が大半だったものの、後半のセッションは降雨に見舞われたこともあってドライタイヤのプログラムを完了できたチームはほとんどいない。初回セッションではメルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録し、2回目のフリー走行はレッドブルのピエール・ガスリーがタイムシート最上位につけている。

ピレリは先週末のホッケンハイムと同じくC2からC4のドライタイヤを用意しており、自動車レース責任者のマリオ・イゾラは初日の様子から3種類すべてがレース用タイヤに適している可能性を指摘していた。

初日の走行が限られたこと、ウエット路面だった関係でドライタイヤを1セット多く確保できたことから、最後のフリー走行で走り込もうと意気込んでいた各チームだが、コンディションこそドライに恵まれるも、土曜フリー走行は予定より遅れてスタートすることに・・・。

サポートレースとして行われたF2の一戦でエンジンブローを喫したマシンがオイルを路面に撒き散らしてしまい、マーシャルらが急いで清掃作業にあたるも、土曜フリー走行開始までに間に合わなかったのだ。現場のターン4付近にはFIAのメンバーも駆けつけ、路面状態を確認しながら作業が進められている。

今週末最後のフリー走行は10分遅れで開始され、ピットレーン出口の信号が青になると同時に、気温24.9度、路面温度39.3度、湿度53.3%のドライコンディションの中、マシンがコースへと向かっていった。インストレーションラップを終えてピットに戻るドライバーもいたが、多くはコースにとどまってプログラムを開始している。

ソフトタイヤで始動したフェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分17秒435を刻んでトップに立ち、初日はバランスに苦戦していたという相棒のシャルル・ルクレールが0.136秒のギャップで2番手に続く。3番手にトロ・ロッソのアレキサンダー・アルボンが食い込み、ミディアムタイヤを試すガスリーが4番手につけていた。

ソフトタイヤを履くメルセデス勢はピットとコースを往復するだけでしばらくタイムを計測せず、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは15分が経過したところでおうやくコースに姿を見せた。

フェルスタッペンが最後にタイムシートに名を刻んだ時点で、トップにはハミルトンが躍り出ており、1分17秒051をマークして2番手以下に0.210秒のリードを築いた。ボッタスが2番手につけ、ベッテル、ルクレール、5番手にフェルスタッペンが並び、トップ5と違ってミディアムで走っていたガスリーが6番手だ。その他、トップ10にはハースF1のロマン・グロージャン、アルボン、ランス・ストロール(レーシング・ポイント)、カルロス・サインツ(マクラーレン)が名を連ねている。

周回を重ねる中でペースアップに成功したフェルスタッペンがハミルトンのタイムを0.016秒ながら上回ってトップの座を奪取し、さらにマクラーレンのランド・ノリスが3番手に飛び込んだものの、新しいソフトタイヤに切り替えた上位勢が自己ベストを更新するとともにオーダーも変化していった。

一通りの予選シミュレーションが完了した時点では1分16秒339をたたき出したハミルトンがトップに返り咲き、2番手には0.053秒差の好タイムを残すルクレールが入っている。トップに0.135秒差でフェルスタッペンが3番手、ボッタスがチームメイトに0.150秒、フェルスタッペンに0.015秒のギャップで4番手となり、思うようにラップをまとめられなかった様子のベッテルはハミルトンに0.5秒以上の差をつけられて5番手だ。

初日がウエット路面だったため、全チームとも1セット多くのタイヤを確保しており、セッション終盤にも予選シミュレーションに取り組む陣営が多く、フェルスタッペンが1分16秒フラットを刻んでトップに浮上したほか、ベッテルが0.069秒差で2番手に食い込んでいる。

しかしながら、最後にハミルトンが1分16秒084を刻んでフェルスタッペンを上回り、トップのポジションでフリー走行を締めくくった。ハミルトンと2番手に下がったフェルスタッペンのギャップは0.013秒しかなく、3番手につけるベッテルもトップに0.083秒差と大混戦だ。ボッタス、ルクレールに次ぐ6番手にガスリーが入っている。

トロ・ロッソはダニール・クビアトが12番手、アルボンは17番手だった。

ハンガリーGP予選は日本時間22時にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.