ハンガリーGP

/ News

  • ハンガリーGP - 決勝

ウェバーがシーズン4勝目!

Kay Tanaka
2010年8月1日 « タイトルに自信を見せるハミルトン | シューマッハの"危険行為"にカンカンのバリチェロ »
レース中盤にプッシュを続けて勝利を手にしたウェバー © Getty Images
拡大
関連リンク

1日(日)日本時間21時(現地時間14時)から2010年F1世界選手権第12戦ハンガリーGP決勝レースが、ハンガロリンク(全長4.381km)で行われた。レース周回数は70周、レース距離は306.630kmとなっている。

前日に行われた公式予選では、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が4戦連続でポールポジションを奪取。2番手にチームメイトのマーク・ウェバーが入ってレッドブル勢がフロントローを独占し、3番手にフェルナンド・アロンソ、4番手にフェリペ・マッサというフェラーリ勢が続いた。小林可夢偉(BMWザウバー)はトラフィックに影響されたこともあって18番手、山本左近(HRT)は24番手だった。しかし可夢偉は予選中に重量測定を行うためにマシンを止めるよう指示されたのだがそれに気づかず、予選後に5グリッド降格ペナルティを受けた。これにより、可夢偉が23番グリッド、左近が24番グリッドからのスタートになった。

レーススタート時のコンディションは気温28℃、路面温度45℃のドライ。今週末のハンガリーGPにブリヂストンはスーパーソフトコンパウンド(オプション/ソフトタイヤ)とミディアムコンパウンド(プライム/ハードタイヤ)という2種類のタイヤを投入した。

各車フォーメーションラップを行ってからダミーグリッドにつき、レーススタート。3番手アロンソがスタートを決めてウェバーをパスしたが、ベッテルは先頭を保ったまま第1コーナーに入っていった。またヴィタリー・ペトロフ(ルノー)がルイス・ハミルトン(マクラーレン)をオーバーテイク。後方では可夢偉が16番手まで浮上し、左近もチームメイトのブルーノ・セナをかわして23番手に上がった。

2周目にハミルトンがターン2のブレーキングでペトロフをアウト側からパス。先頭ベッテルが1分28秒362というファステストラップをたたき出し、アロンソとのタイム差を2.5秒に広げた。

ベッテルはその後もペースを上げ、10周を終えた時点でのアロンソとのギャップは9秒。その1秒後方にウェバー、そこから2.2秒後方にマッサがつけ、その1.5秒後ろにはハミルトンとなった。以下はペトロフ、ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、ロバート・クビサ(ルノー)、ルーベンス・バリチェロ、ニコ・ヒュルケンベルグ(ともにウィリアムズ)までがトップ10で、ペドロ・デ・ラ・ロサ(BMWザウバー)、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、小林可夢偉(BMWザウバー)と続いた。

14周目を終えると、可夢偉の前を走っていたバトンがピットイン! さらにビタントニオ・リウッツィ(フォース・インディア)のマシンからパーツが落ち、ここでセーフティカーが導入された。

そのため、多くのマシンがピットインを選択。先頭ベッテルやフェラーリ勢に続き、中団から後方集団のマシンもタイヤ交換に入った。上位勢ではウェバーがピットストップを行わずにコースにとどまっている。

多くのマシンがピットストップを行ったことで、さまざまな混乱が発生。まず、スーティルがガレージ前に到達したときに手前で作業を終えたクビサが発進し、2台が接触。これによってスーティルはマシンを降りたが、クビサはその後コースに戻った。また、ロズベルグの右リアタイヤの装着が確実でなく、ピットレーン途中でタイヤが外れるハプニングも。これによってロズベルグはレースを終えている。

各車ピットインを済ませ、セーフティカーの後ろで隊列を整えた。この時点のオーダーは先頭ウェバーに続き、ベッテル、アロンソ、ハミルトン、マッサ、バリチェロ、ペトロフ、ヒュルケンベルグ、デ・ラ・ロサ、バトン、シューマッハ、可夢偉、セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)、リウッツィ、ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)までがトップ15。ヘイキ・コバライネン(ロータス)、ティモ・グロック(ヴァージン)、ブルーノ、クビサ、左近、ルーカス・ディ・グラッシ(ヴァージン)と続いた。このうち、ウェバー、バリチェロ、トゥルーリはピットインを行っていない。

レースが再開となり、先頭ウェバーがリスタートをうまく決め、ファステストラップを連発。20周目の時点で、2番手ベッテルに5.6秒差をつけた。そのベッテルは3番手アロンソに2.6秒のギャップだ。また、可夢偉がシューマッハをオーバーテイクして11番手に浮上した。

24周目にハミルトンにトラブルが発生! ターン2をスロー走行で通過し、コース脇でマシンを止めた。ハミルトンは無線で「マシンの何かがおかしい」と訴えており、何らかのトラブルが発生したものと思われる。いずれにせよ、ドライバーズ選手権リーダーのハミルトンがノーポイントでハンガリーを去ることになった。

29周目には、ベッテルにドライブスルーペナルティが発令された。その理由は、セーフティカー導入中にベッテルが前のウェバーとの距離をあけ過ぎたというものだ。ベッテルはペースを上げ、31周目の終わりにドライブスルーを実施。その結果、アロンソには先を行かれたものの、マッサの前、3番手でコースに戻ることに成功した。

先頭のウェバーはタイヤ交換義務を果たしていないために、ピットストップを実施する必要がある。そのため、後方のドライバーたちとのギャップを広げるためにプッシュを続けた。ファステストラップを連発し、2番手アロンソに23秒差をつけた43周目の終わりにようやくピットイン。トップのままコースに戻ることに成功した。一方、3番手ベッテルもプッシュして2番手アロンソに迫り、その差は1秒を切った。

56周目にバリチェロがようやくピットインを行い、11番手でコース復帰。これで可夢偉は9番手に浮上した。バリチェロはオプションタイヤに交換したことでペースが上がり、1ポイントを懸けて10番手のシューマッハにプレッシャーをかけた。シューマッハもポジションを守る走りにシフトしたため、前の可夢偉とのタイム差は8秒ほどに広がった。

レースは残り5周。トップのウェバーはアロンソに24秒差を築き、快走状態。ベッテルがアロンソの0.5秒後方まで迫ってプレッシャーをかけるが、アロンソも巧みなライン取りでスキを与えない。

66周目にはついにバリチェロがシューマッハをオーバーテイク! ホームストレートでスリップに入り、ストレート中盤で抜き去った。シューマッハは抜かれる際にバリチェロをコンクリートウオールギリギリまで押しやったが、ポジションを失っている。シューマッハのブロッキングがかなり危険だったため、レーススチュワードはレース後にこの件を審議すると発表した。

レースはそのままファイナルラップに入り、ウェバーがトップチェッカー! 今シーズン4勝目をマークし、ドライバーズ選手権の首位に立った。アロンソが2位に入り、3位となったベッテルは最終周に1分22秒362というファステストラップをたたき出している。

4位マッサ以下はペトロフ、ヒュルケンベルグ、デ・ラ・ロサ、バトン、可夢偉、バリチェロまでがポイント圏内。左近は19位となり、完走19台だった。

次戦となる第13戦ベルギーGPが行われるのは、夏休み期間を挟んだ1カ月後だ。最初のセッションとなる金曜フリー走行1回目は27日(金)の日本時間17時からスタート予定となっている。

© ESPN Sports Media Ltd.