ハンガリーGP

/ Features

  • レディオ・ガガ - ハンガリーGP

「違うんだ、キミ。ドリンクはないんだ」

Jim
2018年8月1日

メルセデスが勝利をもぎ取り、マックス・フェルスタッペンが怒り狂い、キミ・ライコネンが水分補給を欲したハンガリーGPより特選の無線メッセージを紹介する。

「どうだろうね、分からないよ。なんでもいいからタイヤをつけて。最終セクターは無理。宇宙船でも、きっと11番手だよ」

マクラーレンが宇宙船を取り付けられるはずもなく、結局、天候が悪化したQ2終盤のタイム更新がかなわず11番手に終わったフェルナンド・アロンソ。

© FERENC ISZA / AFP
拡大

「ねえ、パワーがないんだけど、ノーパワー!」
「マシンを止めてくれ」
「え、マジで?! ・・・信じられない。ありえない! いつもこればっかりじゃん。ぶっちゃけ! あーもう!」

またもエンジントラブルに見舞われ、すでに耳慣れた不満を訴えるマックス・フェルスタッペン。

「フォース・インディアがコース外から追い越していった。ポジションを維持するなんてありえないでしょ。戻してよ。こっちはそれで台無しなんだけど」

オープニングラップのシケインでセルジオ・ペレスの選んだラインが気に召さないダニエル・リカルド。フォース・インディアドライバーにポジションを戻すよう要請した。

© Mark Thompson/Getty Images
拡大

「ドリンクをつなぎ忘れてるんだけど」
「イエス、その通り」
「今はドリンクがオンになってるの? よく分からないんだけど」
「キミ、つなぎ忘れたんだ。申し訳ないが、ドリンクはない」
「飲めるのダメなの? ドリンクは・・・」
「ノーだ、キミ、ドリンクはないんだ・・・」
「違う、違うんだって、そうじゃなくて、スイッチがオンになってんのかなってないのかって?」
「スローボタンということか?」
「違うんだって、そうじゃなくて、僕のドリンクボタンがボトルを空にしているのか、そうじゃないのか聞いてんだけど?」
「ノー、違うんだ、キミ。ドリンクはないんだ」

レース前、ライコネン車のドリンクボトルをつなぎ忘れたことを認めつつも、その情報を伝える際に混乱が見られたフェラーリ。

「僕のアウト側から来た彼自身のミスだよ。だから行かせてたまるか」

ターン1の接触はダニエル・リカルドに責任があると言うバルテリ・ボッタス。パドックの多くは彼の意見に同意していなかったが・・・。

© ESPN Sports Media Ltd.