ハンガリーGP

/ News

  • ハンガリーGP - 予選

強敵を下してハミルトンがポール!

M.S.
2013年7月27日
3戦連続のポールポジションを獲得したハミルトン © Sutton Images
拡大
関連リンク

ハンガリーの首都ブダペストからほど近いハンガロリンクにて27日(土)日本時間21時から2013年FIA F1世界選手権第10戦ハンガリーGP予選が行われた。

前日の金曜日に実施されたフリー走行ではレッドブル勢が2回のセッションの両方で1-2を決め、いずれもセバスチャン・ベッテルが僚友のマーク・ウェバーを上回って1分21秒264の初日最速タイムを記録している。

土曜フリー走行ではベッテルが4番手、ウェバーが7番手につけており、1分20秒730を刻んでトップに立ったのはロータスのロマン・グロージャン。フェラーリのフェルナンド・アロンソが2番手タイムをマークした。

2日目に入って行われた予選前最後のフリー走行ではベッテルが再びロズベルグを抑えて最速タイムを記録しており、そのタイムはロズベルグと0.676秒差の1分29秒517だった。

ピレリは今週末以降に使用されるタイヤに変更を加えており、ハンガロリンクには新しいミディアムコンパウンド(プライム)とソフトコンパウンド(オプション)が持ち込まれている。DRSゾーンはメインストレートおよびターン1からターン2までの部分の2カ所に設定されている。

予選スタート時の天候は晴れ、気温33度、路面温度48度のドライコンディションだった。Q1が始まって最初にコースインしたのは土曜フリー走行でインストレーションラップしかできなかったザウバーのエステバン・グティエレスだった。

やや間をおいて他のマシンも徐々に始動し、序盤にはウィリアムズのバルテリ・ボッタスとパストール・マルドナドが上位につけるも、トロ・ロッソのダニエル・リカルドがそれを上回っていく。

上位勢が動いたのはセッションの折り返し地点が過ぎてから。Q3常連のレッドブル、フェラーリ、ロータス、メルセデスの各陣営が珍しくも最初からソフトタイヤをチョイスし、ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンがまたしても予選での強さを見せてメルセデス1-2態勢を形作った。

ロズベルグのトップタイムは1分20秒350。17番手のグティエレス以下、ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、シャルル・ピック、ギド・ヴァン・デル・ガルデ(共にケータハム)、ジュール・ビアンキ、マックス・チルトン(共にマルシャ)がここでノックアウトされている。

予選Q2ではライコネンとヒュルケンベルグが他に先駆けてタイムアタックを開始し、その後ハミルトンが1分20秒303の暫定トップタイムを記録するものの、ベッテルがこの週末初となる1分19秒992をたたき出す。全員のタイムが出揃った時点でベッテル、ハミルトン、ロマン・グロージャン(ロータス)、アロンソが上位に並んだ。

最初に2回目のタイムアタックを始めたライコネンが2番手に浮上したが、相棒のグロージャンがタイムを更新してグロージャンが2番手、ライコネンが3番手となる。ライバルたちによるタイムアタックがさらに続き、タイムシートの頂点はQ1と同じくロズベルグとハミルトンが占める形に。

Q3行きが確定したのは1分19秒778を刻んだロズベルグを始め、ハミルトン、ベッテル、グロージャン、アロンソ、ライコネン、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、ウェバー、リカルド、セルジオ・ペレス(マクラーレン)の10名だった。なお、ウェバーはQ2セッション中にチームからKERSに問題を抱えたと連絡を受けている。

11番手エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)以下、ニコ・ヒュルケンベルグ(ザウバー)、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、ジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)、マルドナド、ボッタスの予選順位がここで決した。

Q3が幕を開けると各車が順次コースへと向かい、ベッテルが最後にガレージを離れている。ウェバーとリカルドがタイムを残さずに戻ったため、唯一ミディアムタイヤを選んだペレスが8番手につけた。暫定ポールタイムを記録したのは1分19秒506をマークしたベッテルで、ハミルトンとロズベルグのメルセデス勢がそれに続いている。

すぐに最後のタイム争いが始まったが、KERSに問題が発生したウェバーはノータイムのままマシンを降りた。一方、コース上ではベッテルを標的にライバルたちが続々と自己ベストを更新するも、現チャンピオンの強力なタイムを打ち破ることはかなわず。そんな中、ただ一人ハミルトンだけが見事なラップでベッテルのタイムを塗り替え、これには自身の最速タイムを上回ったベッテルも届かなかった。

ハンガリーGPのポールポジションを手にしたのは1分19秒388をたたき出したハミルトン。2番手ベッテル以降はグロージャン、ロズベルグ、アロンソ、ライコネン、マッサ、リカルド、ペレス、そしてノータイムのウェバーが予選トップ10となっている。

ハンガリーGP決勝は28日(日)日本時間21時スタート予定。決勝レースもお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.