30秒ごとに更新されます

ウイニングランを楽しんだハミルトンがパルクフェルメに帰ってきました。チームメンバーと勝利を祝います。

さて、シーズン折り返しの一戦を終えたF1サーカスはこれから約1カ月の夏休みに入ります。次回のレースは8月末。スパ・フランコルシャンが舞台のシーズン第11戦ベルギーGPは8月23日(金)に開幕します。初回セッションは日本時間17時からスタート予定です。それでは皆さま良き夏をお過ごしください。そしてまた次のベルギーGPでお会いしましょう!

70周目

ハミルトンがついにファイナルラップを迎えます! 69周目には自己ベストを刻んだハミルトン。ハンガリーの暑さを懸念していたメルセデスですが、ここではリアのデグラデーションに悩まされることなく、しっかりとしたレース運びを披露しています。

その後ろではベッテルが最後の猛チャージ! ライコネンも必死にポジションを守ります!

ハミルトンがトップでチェッカーを受けます! 常夏のハンガリーを制したのはメルセデスのハミルトンでした!

2位はライコネン、3位がベッテル。ライコネンはゴール直後にピットレーンの出口付近にマシンを止めました。

4位ウェバー、5位アロンソ、6位グロージャン、7位バトン、8位マッサ、9位ペレス、10位マルドナドが入賞です。

マシンを止めたライコネンは徒歩でピットレーンを通り、表彰台へと向かいます。

69周目

ライコネンの防御の仕方にベッテルが不満を表明。無線でチームに訴えます。レッドブルはレースディレクターのチャーリー・ホワイティングに報告すると伝えました。

68周目

2番手を争うライコネンとベッテルのオーダーは変わらず。ただ、ギャップは0.6秒と逆転の可能性は残されています。ペースはベッテルの方が速いものの、ベッテルが並びかけるとライコネンが加速して防御。

67周目

ロズベルグの脱落で入賞圏内に上がったのはウィリアムズのマルドナド。このままの位置でゴールできればウィリアムズの今季初ポイントとなります。

残り周回数はわずかですが、チームメイトに起きたハプニングを知ったハミルトンは慎重にマシンを扱いながらチェッカーを目指していきます。

66周目

おっと・・・! メルセデスマシンから白煙・・・! ロズベルグです! ちょうどエスケープゾーンに遭遇したため、そこに逃げこみマシンを停車。最後は炎が上がっていました。ポイント圏内を走っていたロズベルグですがここでレースから離脱します。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1 Free practice 3 Free practice 2 Free practice 1
 
  • パドックを歩くセルジオ・ペレス(ハンガリーGP/ブダペスト、2013年7月28日) クリスチャン・ホーナー(ハンガリーGP/ブダペスト、2013年7月28日) レース前のグリッドで準備に励むセルジオ・ペレス(ハンガリーGP/ブダペスト、2013年7月28日) 縁石を使うルイス・ハミルトン(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2013年7月28日)
  • 100戦目をチームと共に祝うエイドリアン・スーティル(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2013年7月28日) レース後に言葉を交わすロス・ブラウンとルイス・ハミルトン(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2013年7月28日) コーナー入口でブレーキをロックさせるセルジオ・ペレス(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2013年7月28日) フォーメーションラップに向かうマシン(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2013年7月28日)
  • パドックで会話をかわすキミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテル(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2013年7月28日) マシンの上で勝利を誇るルイス・ハミルトン(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2013年7月28日) マシンから降りるマーク・ウェバー(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2013年7月28日) グリッドで会話するクリスチャン・ホーナー、ポール・ヘンベリー、エイドリアン・ニューイ(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2013年7月28日)