HRT F1

/ News

  • HRT

HRT、来季エントリーリストから外される

M.S.
2012年12月2日 « 2014年、ローマでフォーミュラE開催 | 2013年以降も5年はとどまりたいとピレリ »
ラストレースになった模様のブラジルGP © Sutton Images
拡大
関連リンク
  • チーム:
  • HRT

HRTはFIAの2013年エントリーリストの期限までに買い手を見つけることができなかった。

オーナーの『Thesan Capital(テサン・キャピタル)』によって11月上旬に売りに出されたHRTは、11月30日(金)のエントリー期限までに買い手を探すべく50万ユーロ(約5,400万円)のエントリー料を保留してきた。新オーナーを見つけることができなかったHRTの名は来季のFIAエントリーリストから外されており、これはほぼチームの終えんを意味している。

当初はカンポス・メタとしてエントリーしながらもカラバンテファミリーの手に渡り、2011年7月にテサン・キャピタルへと売却されたHRTは、F1参戦の期間を通じて資金繰りに手を焼いていた。プレシーズンテストに参加することもままならなかった同チームだが、2010年と2011年はコントストラクターズチャンピオンシップの11位につけている。今季の成績は12位だった。

2012年のラスト2戦では資金とスペアパーツの不足からフリー走行のプログラムが縮小されたものの、チームは両グランプリでダブルフィニッシュを果たしている。

テサン・キャピタルはチーム売却が明らかになった際、"複数のグループと話し合いをしている"と主張しており、"今後数週間で"新オーナーとの契約がまとまることを期待。しかし、これらの試みは失敗に終わった模様だ。

近年はさまざまなチームのオーナーが変わってきたが、2008年にはSuper Aguri がF1参戦3年目の4レースを終えた段階でチームを畳んだ。HRTはこれまでに3シーズンを完了している。

© ESPN Sports Media Ltd.