HRT F1

/ News

ペドロ・デ・ラ・ロサHRTとの歩みはこれからも続きそうだ。

元F1ドライバーのルイス・ペレス・サラ率いるHRTの新しいマネジメント陣は、ビッグチームであるマクラーレンでリザーブドライバーの任についていたデ・ラ・ロサを説得して今季の始めに同チームのレースドライバーとして迎え入れた。2年契約でデ・ラ・ロサを擁するペレス・サラは『Marca(マルカ)』紙に次のように語っている。

「ペドロがわれわれに与えてくれる方向性がカギだ。われわれにとっては彼の指示が不可欠なのだ。彼には経験があり、速く、ミスを犯さない。彼は不可欠なピースだ」

41歳のデ・ラ・ロサは26日(木)にハンガリーにてHRTで「とても快適」に感じていると『AS(アス)』紙に話した。

「マシンとチームで僕らが達成しているような進歩を経験する以上にやりがいのあることはない」

デ・ラ・ロサの現在のチームメイトはナレイン・カーティケヤン。

「当初、おそらくナレインには一貫性がやや欠けていたものの、前進しつつある。われわれは彼にとても満足している」とペレス・サラは述べている。

© ESPN Sports Media Ltd.