HRT F1

/ News

新たなマシンを作り上げたHRTだが、オーナーシップの変更等でまだ混乱もあるようだ © Getty Images
拡大

HRTの2012年ドライバーラインアップ入りを目指して、ジェローム・ダンブロジオ、ヴィタリー・ペトロフとブルーノ・セナが争っているとベルギー紙『La Libre(ラ・リブレ)』が報じた。

チームの技術代表ジャッキー・エッケラートによると、マルシャ(元ヴァージン)を放出されたダンブロジオがリストの上位に位置しているという。

「2人目のスペイン人ドライバーを雇うというのはチームの考えではないはずだ」と彼は言い、事実上ハイメ・アルグエルスアリ、ダニ・クロスの可能性を消去した。チームのファーストドライバーはペドロ・デ・ラ・ロサに決まっている。

「引退間近のドライバーについても同じことが言える」とエッケラートは付け加え、これによりルーベンス・バリチェロも候補者リストから消えた。

2012年の契約を持っているのはビタントニオ・リウッツィだが、彼についてもエッケラートは否定的だった。

「幾度かチャンスを与えられながら、彼は十分な力を証明できなかった。われわれは多くの可能性を秘めた若いドライバーを探している」とも付け加えている。

そう長くはない歴史の中で多くの困難を経験してきたHRTだが、新しいマネジメントとオーナーシップにまだ完全に慣れていない様子。

「引き続き、ヴァージン(今季からマルシャと改名)と後方での戦いを続けたい」とエッケラートは語る。

「それ以上を望むことは難しい。最初の2シーズンで使用したダラーラのシャシーは決して優れたものではなかった。そのため、われわれのドイツのワークショップでコスワースV8を搭載するHRTマシンを製造した」

「他者より遅く、9月から新たに始めたものであり、空想は描いていない」

「新オーナーたちは本拠地移転を決め、その結果、ドイツのスタッフの90%はついてこないことになった」

「これは不運なことだ。もしも新車が機能しなかったとしても、チーム一丸となって取り組めるようになってきたところだった。今は、まるで新しいチームでまた一から始めたような状態だ」と彼は語った。

© ESPN Sports Media Ltd.