HRT F1

/ News

  • ビタントニオ・リウッツィ

シートの保証なしと認めるリウッツィ

Me
2011年12月29日 « 速さと信頼性を兼ね備えた最強レッドブル | マッサ、まだ速いとトッド »
前オーナー時代にHRTと契約を交わしたが、2012年に走れるかどうかは定かでないと打ち明けたリウッツィ © Sutton Images
拡大
関連リンク
  • チーム:
  • HRT

HRTと2012年にレース契約を持ちながら、将来が"不確か"であることをビタントニオ・リウッツィが認めた。

リウッツィがHRTに加入したのはチームがホセ・ラモン・カラバンテから現在のオーナー『Thesan Capital(テサン・キャピタル)』に売却される以前のこと。その後チーム代表もコリン・コレスからミナルディの元ドライバー、ルイス・ペレス・サラに交代した。クリスマス前にサラはチームが"数人のドライバーと発展した交渉段階にある"と述べており、ペドロ・デ・ラ・ロサの2012年チームメイト選定を進めていることを明かした。

しかし、リウッツィは最近まで"長期的"契約を有していると主張し、来年もチームで走ると述べていた。

「このレベルのチームと1年限りの契約を交わしても意味がない。将来を見越したプロジェクトじゃなければいけないんだ」と彼は『Australian Motorsport News(オーストラリアン・モータースポーツ・ニュース)』に語った。

だが現在は自身の未来が不確かな状態であると認めている。

「HRTとは来シーズンのレース契約があるけど、それは前オーナーとの間で結ばれた合意だった。だから今僕の未来ははっきりしていない」と彼はブラジルの『Totalrace(トータルレース)』に説明した。

© ESPN Sports Media Ltd.