HRT F1

/ News

カラーリングが新しくなったHRTのF111 © Hispania F1
拡大
関連リンク
  • チーム:
  • HRT

HRTが2011年マシンの画像を初めて公開、特徴的な新しいカラーリングが明らかになった。

F111はジェフ・ウィリスが技術的指揮を採って設計されたもので、チーム代表のコリン・コレスは"大幅な前進"とマシンを称した。コースデビューの日程については声明で明らかにされていないが、バーレーンでの最終テストに登場すると考えられている。

「F111はヒスパニア・レーシングにとって重要な前進である」とコレスは言う。「2年目のF1シーズンをスタートするにあたり、われわれは大きな進歩を遂げた。この新車を見ればヒスパニア・レーシングのF1に対する思い入れが分かるだろう」

コレスはまた、オーバーテイクの促進を目的として定められた新レギュレーションに沿った"可動リアウイングがF111に搭載"されていることを明らかにした。

チームは2010年選手権を11位で終えており、完走順位の結果でヴァージンを上回ったが、ポイントは獲得していない。昨年のF110にはシーズン中の空力アップデートが施されなかったが、2011年のF111には改良を予定しているとHRTは述べた。

「来るシーズンでわれわれのドライバーたちが走らせるマシンに誇りを感じている」とホセ・ラモン・カラバンテ会長は語った。「チャレンジングな1年目だったが、コンストラクターズ選手権を11位で終えた。今日F111最初のスペックを公開できて大変満足している。設計面で非常に努力した。これは最初の一歩に過ぎず、シーズン中にいくつかのアップデートが予定されている」

マシンにはインド人ドライバーのナレイン・カーティケヤンが連れてきた新スポンサー、『Tata(タタ)』のロゴが入っているが、サイドポッドやフロント、リアの両ウイングにはまだ空きがあるようだ。ペイントはコンセプトデザイナー、ダニエル・サイモンが手がけたもので、随所にちょっとしたメッセージが記されている。リア部分には"マシン終点"、またオーバーヘッドカメラの横には"注意! ただいま撮影中"と書かれている。

コレスは付け加えた。「ダニエルが新車に素晴らしいペイントをしてくれた。F111開発にチーム全体が注いだ努力をうまくとらえてくれている。マシンとグラフィックデザインが互いに引き立て合っており、われわれの本当の戦いがここから始まろうとしている」

© ESPN Sports Media Ltd.