Haas

/ News

  • イギリスGP - ハースF1 - 予選

「予想していた結果」も前向きに入賞を目指すマグヌッセン

Nobu / Jim / Me
2020年8月2日 « タイヤ戦略を生かしたいガスリー | ピレリ、トップ4がミディアムを履く序盤に注目 »
© Ben STANSALL / POOL / AFP
拡大

1日(土)、シーズン第4戦イギリスGP予選に挑んだハースF1のケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは16番手と19番手にとどまり、Q2には進めなかった。

予選14番手だったアルファ・タウリのダニール・クビアトがギアボックス交換に伴うペナルティで5グリッド降格となるため、グロージャンとマグヌッセンのスタート位置はひとつずつ繰り上がる見込みだ。

土曜フリー走行はグロージャンが15番手につけており、マグヌッセンは18番手のタイムを残している。

ロマン・グロージャン

「FP3はとても良いフィーリングだったし、クルマにも、特にバランスには満足していた。予選に向けていくつか変更を加えたけど、クルマの挙動が変わってしまった。セッションごとに同じということがなく、僕たちは本当に苦しんでいる。複雑だね。Q1では3回アタックしたけど、どれもうまくいかなかった。明日は何ができるか見てみよう。ここはイギリスだから、天気次第でいろいろなことが起こりうる。予選では雨が降ると言われていたのに、今は青空が広がっている。明日はその逆になるかもしれないし、そうすればそれを利用することもできるだろう」

ケビン・マグヌッセン

「こうなることは分かっていたけどね。今回のレース週末に挑むにあたって予想していたことだけど、僕らにとって一番のライバルであるアルファロメオの前に立つ、という予選でできる仕事は果たした。今の僕らにはこれが精いっぱい。次の集団に飛び込むまでは少しある。予選で力を最大に発揮できるようにしていれば、たとえ、少し弱点があるとしても、できるだけ高い場所につくことに集中しないといけない。ペナルティを受けるドライバーが何人かいるみたいだから、少しグリッドが上がるといいな。どうなるか分からないけど、それで前に上がれたら、またポイントを狙っていけるかもしれない」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「リザルトにはそこまで満足していないが、フリー走行の様子を見れば予想外ではない。われわれがQ1を突破するのはあまりにも難しい。それが今の立ち位置だ。これを通り抜けるより他にできることはなく、明日は全てのペナルティが適用された後にスタート位置が少し良くなることを願うしかない。ハンガリーの時のようにレースペースをまとめられるよう努力する。そこから何か得られると期待しよう」

© ESPN Sports Media Ltd.