Haas

/ News

  • ハースF1

ハースF1が他に先駆けて新車の画像を公開

Me
2020年2月7日 « 中国GPに延期の可能性 | 父との関係改善について明かすハミルトン »
© CHRISTOPHE SIMON / AFP
拡大

2020年のF1マシンはどんな姿になるのか、ハースF1チームが一番乗りでその答えを披露した。

アメリカチームは新シーズンに向けて、カラーを以前のシルバー、レッドとブラックに戻している。これはオーナーであるジーン・ハースが経営する工作機械メーカー『Haas Automation(ハース・オートメーション)』の企業カラーだ。

最初の3年は同企業のロゴに使われているカラーバリエーションを採用していたハースF1だったが、2019年はパートナーとして複数年契約を結んだはずだった『Rich Energy(リッチエナジー)』のイメージであるブラック&ゴールドの装いに変えていた。ところが、リッチエナジー側で勃発した社内の奇妙な騒動によって、その契約はシーズン半ばで打ち切られてしまった。それでもチームはシーズン終了までリッチエナジーのロゴを外しただけの同じカラーリングで走り続けた。

今年はハースF1にとって5年目のシーズンとなる。2018年にチーム最高位となるチャンピオンシップ5位を獲得したが、昨年はコース内外で苦難のシーズンを過ごし、9位まで後退してしまった。

「つい待ち切れなくて…。2020年のニュールックをお披露目」

「マシンが見慣れたハース・オートメーションのカラーに戻ってくれてうれしいよ。これは人々が親近感を持ってくれるカラーだ」とチームオーナーのハースは述べた。「率直に言って、VF-20はわれわれがコンストラクターズ選手権を5位でフィニッシュした2018年の状態に戻してくれることを期待している。2019年は耐えがたいタフなシーズンだった」

「われわれはどんなF1チームにもどこかで必ず訪れる教育課程を通ってきた。そうした教訓から自分たちが学び、その知識を適用してVF-20をよりコンペティティブなマシンにできたと信じている。私にとってはもう一度集団の中に返り咲き、一貫してポイントを挙げることが重要だ。われわれには確実にその能力があり、それが可能な組織であることを証明してきた」

ハースはピレリタイヤの性能を十分に引き出すことに苦戦して2019年をスタートしたが、やがてその原因がマシンの空力にあることを突き止めた。どこで道を間違ったのかを理解するため、彼らはロマン・グロージャンには開幕時のマシン、ケビン・マグヌッセンには最新スペックのマシンを与えて走らせるという比較を行った。グロージャンとマグヌッセンは共に2020年もチームに残留する。

「新しいF1マシンの開発を見るのはいつも心躍るものであり、VF-20は先代のマシンができなかった成果を挙げる必要がある」とチーム代表のギュンサー・シュタイナーは述べた。「今シーズンはレギュレーションに大きな変更がないため、われわれはマシンの理解を深め、自分たちを精査することによってVF-20の設計に向き合うためのソリューションやアプリケーションを探すことができた。昨年は明らかな後退だった。誰も望んでいなかったことだが、そうした状況からは学ばねばならない。われわれは皆そうした」

「チームの誰もが自分を見つめ、どう向上できるかを考えた。VF-20のコースデビューが楽しみだよ。テストではいつでも多くのことを望んでしまうが、多くのマイレージ、信頼性とスピードは初レースのオーストラリアに向けていつでも歓迎だ」

ハースF1はどこよりも早く新シーズンを戦うマシンを公開した。伝統的な一連の新車発表は2月11日(火)からスタートし、まずはフェラーリがイタリアのレッジョエミリアでマシンのカバーを取る。

© ESPN Sports Media Ltd.