Haas

/ News

  • メキシコGP - ハースF1 - 初日

苦戦を覚悟してメキシコに乗り込んだハースF1

Jim
2019年10月26日 « トロ・ロッソ、両セッションでトップ9入り | 初日に「いい形」を築いたレーシング・ポイント »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

シーズン第18戦メキシコGPが初日を迎えた25日(金)、ハースF1のロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは2回目のフリー走行を15番手と17番手で終えた。

初回セッションはマグヌッセンが12番手につけるも、グロージャンは18番手にとどまっている。

ロマン・グロージャン

「簡単な1日ではなかったけれど、メキシコがチャレンジングなコースなのはいつものことだし、標高の高さがあるから、いろんなことがギリギリだ。ハードに取り組んだけど、タイヤをもたせ続けることに関しては他のみんなが抱えているのと同じ問題に直面していると思う。かなりハードだ。タフな週末になることは覚悟していたけど、あきらめはしない。チェッカーフラッグを受けるまでやれることはすべてやるつもりだ」

ケビン・マグヌッセン

「低ダウンフォースと空気の薄さゆえに特殊なコースだ。僕らのタイヤはうまく機能していなかったし、冷えていた。かなり難しかったけど、誰にとっても難しかったと思う。今日の僕らはあまり速そうには見えなかったけど、中団グループはいつもかなりタイトだ。その中で後ろの方になることはないだろうと思っている。今回のレースはそれ以上に大事なことがある。タイヤはかなり摩耗が激しいからね。調べないといけない戦略面のことが多いし、1ストップだけとはいかないだろう。そうなればおもしろくなるだろうし、僕らはレースに向けて少し深堀りしてみるつもりだ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「われわれにとってはたいして見ごたえのない金曜日だったと言える。今朝は序盤の路面がウエットだったため、何かを学べるコンディションになるまで少し時間を要した。失うダウンフォースを考えれば、メキシコが自分たちにとって最も強いところでないことは分かっているし、標高の影響でそれをどこよりも感じる。それほど悪くはなかったので、今週末のベストを引き出せるように取り組み続けるのみだ」

© ESPN Sports Media Ltd.