Haas

/ News

  • 日本GP - ハースF1 - 初日

予選の実現を願うマグヌッセン

Jim
2019年10月11日 « ルノー、渋滞にはまってペースを発揮できず | 「日曜日はどうなろうと接戦」とペレス »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

11日(金)、シーズン第17戦日本GP初日に行われた2回目のフリー走行でハースF1のロマン・グロージャンが13番手、ケビン・マグヌッセンは16番手だった。

初回セッションはグロージャンが11番手につけ、マグヌッセンは15番手のタイムを残している。

ロマン・グロージャン

「正直に言えば、ものすごくエキサイティングな金曜日だったと思っている。午前中にFP1、午後にFP2で、余分なタイヤを使えてその結果が予選になるとか、こんな感じの土曜日だとすごくいいのにね。マシンの作業をしながら同時にハードにプッシュできるし、僕はいろいろと試していた。ものすごくクールな1日だったと思っている。フリー走行としてはもちろんいつもより少しプレッシャーはあったけどね。今朝はマシンが良かったのに、午後はもうちょっといけるかと思っていたけど、あと0.3秒か0.4秒はほしかったかな。それがなかったから、その点ではちょっとがっかりしている。作業を続けていくし、日曜日の朝に予選ができるかどうか見守るよ」

ケビン・マグヌッセン

「明日がキャンセルになったことを考えると、ちょっと変な感じだ。スターティングポジションになる可能性を踏まえてFP2ではちょっと攻めないといけなかったしね。日曜日の朝にやれるかどうかは分からないから。僕らはちゃんと力を出せなかったから、できればもう一度アタックできるといいんだけど。FP2でいつもより多くタイヤを使えたのは興味深かったけど、それほど速くなかったし、ペースが良くなかった。日曜日の天気がどうなるか見てみよう。それからだ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「明日はFP3と予選がないため、当然ながら、いつもと非常に異なるFP1とFP2だった。全体としてとても良い1日となり、特に問題は起きていない。これからわれわれにできることは天気がどうなるかを見守ること。皆さんの安全を願っている。日曜日に戻って仕事を続ける」


DAZNに新規加入すると『レッドブル/トロ・ロッソのドライバーサイン入りグッズ』が抽選で当たる!
1カ月無料体験実施中!

© ESPN Sports Media Ltd.