Haas

/ News

  • シンガポールGP - ハースF1 - 初日

苦戦を覚悟するハースF1

Jim
2019年9月21日 « 「初日はポジティブ」とガスリー | 満足のハミルトン、後れを取るボッタス »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

シーズン第15戦シンガポールGP初日を迎えた20日(金)、ハースF1のロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは2回目のフリー走行で17番手と19番手にとどまった。

初回セッションはグロージャンが12番手、マグヌッセンは16番手だった。

ロマン・グロージャン

「楽な1日じゃなかったね。シンガポールがタフなサーキットなのは分かっているし、弱点を露呈する可能性もある。今日はベストを尽くしたけれど、明日と日曜日に向けて取り組んでいかないといけない作業がたくさんあるのは確かだ。今の時点では楽じゃなさそうだけどね。それでも、ちょっとしたことでラップタイムが大きく変わることもあるし、ストリートサーキットでは特にそう。何も除外するつもりはないし、とにかく必死にがんばって、明日、力強く戻ってこられるように願っている」

ケビン・マグヌッセン

「今日は少し難しかった。とても速いとは言えず、スライドが激しく、最高だとも言えない。ただ、これまであったように明日には状況が変わるかもしれないし、僕らが今望めるのはそれだけだ。問題を見いだせるかどうかベストを尽くすのは当然だけど、現時点で見通しは良くない。ここはとても暑いし、マシンをかなり冷やさないといけないから、そのせいで空力スペックが若干異なっているんだ。可変性も多く、パフォーマンス不足に起因しているかもしれない事柄がたくさんある。それらを特定するのは容易じゃないけど、今夜、必死に取り組んでいくつもりだ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「ご覧の通り、理想的な1日とはいかなかった。明日に向けて、とにかくソリューションを見いだせるように取り組むしかない。FP1はレースと温度が完全に異なるため、いずれにしても何かを判断するのは難しい。その後のFP2が良くなかった。しっかりと調べて、明日には何かしら手を施せるよう願っている。FP3で学び、まっとうな予選を過ごせるといいのだが」

© ESPN Sports Media Ltd.