Haas

/ News

  • イタリアGP - ハースF1 - 初日

マシンの感触に「びっくり」とグロージャン

Jim
2019年9月7日 « リカルド、ドライでもウエットでも「好感触」 | ピレリ、「タイヤ挙動の全体像は不完全」 »
© Miguel MEDINA / AFP
拡大

6日(金)に実施されたシーズン第14戦イタリアGP初日2回目のフリー走行でハースF1のロマン・グロージャンが8番手につけ、ケビン・マグヌッセンは13番手だった。

ウエットコンディションで始まった初回セッションは終盤にドライタイヤを投入する陣営もいたが、ハースF1勢は雨天用タイヤの走行に集中しており、マグヌッセンが14番手、グロージャンは16番手のタイムを残している。

ロマン・グロージャン

「正直、かなり良かった。午後はうまくいったんだ。今朝はインターミディエイトをちょっと使った程度で、それほどコンペティティブだったとは思っていない。セッティングがウエットコンディションにしっかり合っていなかった。午後は正直に言えばびっくり。マシンの感触がこれほどとは予想していなかった。マシンペースは良かったし、感触も良くて楽しめた。ロングランもできたから、それにも満足している。いい1日だったし、明日につなげたいね」

ケビン・マグヌッセン

「今日は良かったと思う。ウエットとドライの両方のコンディションで走れたからね。どっちもいい感じかな。タイムに関してはちょっとダメだったから、オーダーに関してはそれほど気にしない。ロングランの感触は良かったし、うまくいった。実際、マシンの感触が良くてグリップもある。大喜びするほどではないけど、とてもいいと主よ。全体としては悪くない1日だ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「FP1が雨の影響でやや阻まれたのは間違いない。唯一、取り組めたのはインターミディエイトやウエットのタイヤをどう機能させるかを学ぶこと。そこから得る結論はない。FP2が始まる頃にはほぼドライになっており、まともなテストもできた。自分たちが取り組んだラップにも学習内容にも満足している。明日に向けて良いセットアップをまとめられればと思っている」

© ESPN Sports Media Ltd.