Haas

/ News

  • ハンガリーGP - ハースF1 - 予選

ダウンフォース不足を心配するグロージャン

Jim / Me
2019年8月4日 « マシンの進歩に感激するラッセル | 11番手から上位進出を狙うヒュルケンベルグ »
© Lars Baron/Getty Images
拡大

3日(土)に実施されたシーズン第12戦ハンガリーGP予選でハースF1のロマン・グロージャンが9番手だった一方、ケビン・マグヌッセンは15番手でQ2敗退を喫した。

土曜フリー走行はマグヌッセンが10番手、グロージャンが11番手だった。

ロマン・グロージャン

「昔の子がQ3まで連れて行ってくれたよ。最初は彼女のご機嫌が斜めだったけど、最終的にはやってくれた。彼女にしてみればタフな週末になってしまっているけどね。ホッケンハイムと同じダウンフォースで走っているんだ。それが僕らに許された最大だから。ここでは確かにそれじゃ足りない。だからトリッキーだ。Q1はものすごく難しくて、Q2は少しマシになって、Q3では今の自分たちが持っている力をすべて引き出せたと思う。レースが心配だ。タイヤを長く持たせられるほど多くのダウンフォースがない。オーバーテイクが難しいコースだから、なんとか踏ん張って、明日どのポジションでフィニッシュできるか見てみるつもりだ」

ケビン・マグヌッセン

「Q1で4番手なのに、Q2は15番手だ。どういうことなんだろうね。ただ、このマシンはものすごく変化していて、アップダウンがある。今回のウインドーはかなり小さかったし、予選は特にそう。オーストリアでもそうだったね。Q1突破に苦戦していて、なんとかいけたけど、Q2でも同じことが起きて。で、Q3は5番手だった。このマシンはたった1回のセッション中でさえも、ウインドーに入ったり出たりする。今は本当に難しい。Q1は完璧にはまったのに、Q2はまったくグリップがなかった。アウトラップでトラフィックもあったけど、それによってタイヤの作動域に影響が及ぼされるべきじゃない。こういうセッションを分析し、学んでいくことがとにかく大事だ。ただ、きつい。明日はオーバーテイクがものすごく難しいコースで15番手スタートだ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「悪くない予選だ。われわれが良いラップを走れるところを再び示せたと思う。残念ながらケビンについては、Q2のアタックラップが追い風に阻まれてしまい、Q3には進めなかった。ロマンは手堅い走りで予選9番手に入った。苦戦している自分たちの状況を思えば、とてもよくやったよ」

© ESPN Sports Media Ltd.