Haas

/ News

  • モナコGP - ハースF1 - 決勝

「期待を上回るいい結果」とグロージャン

Nobu / Jim
2019年5月27日 « 次戦に気持ちを切り替えるルクレール | 無線では終始弱気だったハミルトン »
© Eric Alonso/MB Media/Getty Images
拡大

シーズン第6戦モナコGP決勝レースが開催された26日(日)、ハースF1のロマン・グロージャンが10位で入賞するも、ケビン・マグヌッセンは12位完走にとどまった。

ロマン・グロージャン

「間違いなく期待を上回るいい結果だ。それは間違いない。いいレースだった。僕たちは違う戦略を試したんだ。前にいたトロ・ロッソのアルボンはステイアウトを引っ張りすぎたと思うけど、彼をクリアしたときには僕のタイヤは終わっていた。ベストは尽くせたと思うし、トライもした。レースのあの時点で僕のペースはもっと良かったと思うから、サインツの前でフィニッシュできなかったのは残念だ。そして最後にペナルティを受けた。後でビデオを見るよ。ギリギリだった。僕のタイヤの一部は白線に触れていたと思うけど、ペナルティをもらった。とにかく、昨日のせいで今日は多くのポイントが取れなかった」

ケビン・マグヌッセン

「何が起きたのかまったく分からない。僕たちが今日に期待していたレースじゃない。今週末はみんなで力を合わせて本当にいい仕事ができていた。レースまでは完璧な週末だったんだ。ものすごくがっかりだけど、今日は何がダメだったのか、どうしてこうなったのかを調べてみる」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「われわれにとってはチャレンジングなレースとなり、ほとんど何もかもうまくはまらず、ダメな方にいってしまった。でも、それがモナコだ。われわれがたったの1点しか手に入れられなかったのはそういう環境もあったからだろうと思っている。起きたことのすべてを話したいとも思わない。話したければ本を1冊、書き上げなければならないほどだからね。確かに満足はしていないが、多くの人が1点でも取れれば満足することだろう。われわれはとても不満だ。マシンやチーム、ドライバーのパフォーマンスに不満なわけではない。今日は望んでいた状況を手に入れられなかったが、マシンが実際に見えていた以上に速いことは分かっている。それは今後に向けて良いことだと思うし、きっと埋め合わせられると確信している。いずれ不運でない日が来てほしいと願いつつ、ラッキーであることは望んでいない。ただ、不運でないことを願うだけだ」

© ESPN Sports Media Ltd.