Haas

/ News

  • バーレーンテスト - ハースF1 - 初日

レースでのペース不足を理解したいとグロージャン

Jim
2019年4月3日 « F1マシンのパワーを楽しんだミック | アロンソが久々のドライブ »
バーレーンGP初日のプログラムに取り組むグロージャン © Clive Mason/Getty Images
拡大

バーレーンテスト初日を迎えた2日(火)、ハースF1はロマン・グロージャンとピエトロ・フィッティパルディが作業を分担し、それぞれ4番手と11番手のタイムを残した。

ロマン・グロージャン

「今日はびっくりなコンディションで、まさかバーレーンで雨が降るなんて予想していなかった。午前中はやりたかったことをやったし、それはいい感じ。午後にもプログラムを用意していたけど、コンディションのせいでできなかった。明日にはできるといいな。もちろん、日曜日のレースでペース不足に陥った理由を理解したいし、ドライコンディションでそれを達成したい。いくつかアイデアもあるし、テストアイテムもあるから、それが明日のプランだよ」

ピエトロ・フィッティパルディ

「走れて良かった。コンディションはちょっとダンプだったけど、路面が乾いているところだったから、何度か走行することができた。明日に向けた準備にはよかった。ユーズドタイヤを履き続けて、長めのランもできたし、マシンにも慣れてきている。感触はいいから、水曜日にまた走るのが楽しみだ」

© ESPN Sports Media Ltd.