Haas

/ News

  • バーレーンGP - ハースF1 - 予選

レッドブルに挑みたいとマグヌッセン

Nobu / Me
2019年3月31日 « グロージャンに3グリッド降格処分 | 初ポールのルクレール、「スタートがカギ」 »
© Andrej ISAKOVIC / AFP
拡大

30日(土)、シーズン第2戦バーレーンGP予選に挑んだハースF1はケビン・マグヌッセンが6番手、ロマン・グロージャンが8番手につけた。

しかしながら、グロージャンはQ1のセッション中にランド・ノリス(マクラーレン)の走行を妨害したとして3グリッド降格処分を受けてしまい、レースは11番手スタートとなる。

土曜フリー走行はグロージャンが5番手に食い込み、マグヌッセンは13番手のタイムを残している。

ロマン・グロージャン

「2台ともトップ10に入った予選だったから喜んでいいと思うし、とても勇気づけられる。パフォーマンスに関して、トップ10の中ではどうやら僕たちは最も安定しているチームみたいで、いいことだよ。もう少しよくなればといつも願っているけど、8番手でもハッピーだよ。明日のレースは楽しめそうだ。長く、暑いレースになりそうだし、タイヤのデグラデーションがひどくなりそうだ。ここはレースをするのにいいサーキットだと思うし、多くのポイントを持ち帰ることができるといいね」

ケビン・マグヌッセン

「今日の予選で僕の乗るクルマを作ってくれたチームを誇りに思うし、うれしくも思う。6番手、それも速いほうのレッドブルから1,000分の数秒のところまで来られたのはすごいことだし、正直、予想外だったかもしれない。彼らとは対等な状態で、レースでは彼らを困らせてやりたい。僕はいい位置からスタートするので、最初のハードルはクリアした。そこから頑張りたい。金曜日のプラクティスでは僕たちのレースペースは予選ほどよくなかったけど、明日は一転していいレースができると思う」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「ポジティブな面として、予選でこれほどレッドブルに近づけたというのはわれわれにとっては素晴らしい。チームとしての団結力を見せられたのではないだろうか。ロマン(グロージャン)には1つトラブルがあり、彼は3グリッドの降格処分とペナルティポイント1点を加算された。グリッドポジションについて議論するなら、それはそれで言いたいことはあるが、彼のライセンスへのポイントは受け入れがたい。彼自身には全く非のないことであり、明らかに彼のクルーとの誤解によって生じたことだ。これにより、われわれは6番手と11番手からスタートする。明日のレースではベストを尽くし、スチュワードによって奪われたポジションを取り戻すつもりだ」

© ESPN Sports Media Ltd.