Haas

/ News

  • バーレーンGP - ハースF1 - 初日

バトルに自信を見せるハースF1勢

Me / Jim
2019年3月30日 « 予選に向けて課題に取り組むとリカルド | まずまずのスタートを切ったマクラーレン »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

29日(金)、シーズン第2戦バーレーンGP初日に実施された2回目のフリー走行でハースF1のケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは7番手と9番手につけた。

初回セッションはマグヌッセンが12番手、グロージャンは17番手のタイムにとどまっている。

ロマン・グロージャン

「今日はいい作業ができたし、明日までにもう少しできることがある。FP1のすごく熱い路面でクルマをドライブするのは興味深かったよ。FP2ではもう少し参照できるコンディションになった。僕らはまだVF-19について学んでいるところなんだ。だから、そのパフォーマンスを見ることができてハッピーだよ。ロングランでは特に、もう少しリアのグリップが欲しい。それは僕らがもう少しうまくできるエリアだと思うし、きっと答えを見つけられるはずだ。でも、クルマを改善する十分なマージンはあると思うよ。予選前にそれはいい兆候だ。僕らはきっと戦える」

ケビン・マグヌッセン

「この1日にはかなり満足。暗くなって、涼しくなったコンディションでFP2を走れて良かったよ。FP1は、別にビビりはしなかったけど、暑い中だとすごくトリッキーだった。タイヤがトリッキーになって、クルマの挙動が良くなかったんだ。それはみんな同じだけどね。FP2でしっかり走れて良かったよ。明日の予選のコンディションでクルマがどう反応するかを見ることができた。僕は最初のセッションよりそのコンディションの方が気に入っていたから、そこはポジティブだね。クルマの挙動がずっと良くなったんだ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「かなり興味深い1日だった。FP1は難しそうに思えた。ここは金曜日に行われる2回のセッションのコンディションがかなり違っており、FP2が明日の予選で直面する状況と似通っている。FP1では望んでいた場所につけなかったが、コンディションの変化があることは分かっていたので冷静でいられた。FP2では良い仕事ができたと思っている。明日も同様になるだろう。FP3では冷静に取り組み、FP2で見いだしたことを予選に適応させるよう作業する。全体として悪くない1日だった」

© ESPN Sports Media Ltd.