Haas

/ News

  • オーストラリアGP - ハースF1 - 決勝

喜ぶマグヌッセンと残念な結果に終わったグロージャン

Me
2019年3月17日 « ハードに戦って「結果を待つ」とベッテル | 苦しい状況でもW完走を果たしたウィリアムズ »
© Quinn Rooney/Getty Images
拡大

シーズン初戦オーストラリアGP決勝レースが開催された17日(日)、ハースF1のケビン・マグヌッセンが6位入賞を果たすも、ロマン・グロージャンはトラブルでリタイアを喫した。

ロマン・グロージャン

「何が起きたのか、正確なことはまだ分かっていない。とにかく何かがおかしくなってしまった。いい1日ではなかったね。それまではハッピーだったし、ケビン(マグヌッセン)のすぐ後ろまで来ていた。新ルールは他のクルマに続いて走るにはすごくいいけど、タイヤが去年と同じ状態のままだ。プッシュするとスライドして、グリップを失ってしまう。過去と比べて接近して走るのが楽になっても、オーバーテイクはやっぱり難しい。全体として今日は残念だ。この週末の僕らにはずっと強さが見られたし、レースでも強かったんだからね」

ケビン・マグヌッセン

「すごくハッピーだ。いいリザルトだった。2台ともフィニッシュできなくて、チームは残念だったけどね。間違いなくロマン(グロージャン)もこれくらいいい位置になれたはずだ。2人とも昨日の予選はあんなに良かったんだからね。彼が何も得られなかったことには僕もがっかりしている。自分の6位という結果はうれしいよ。今日は満足。スタートはうまくいき、そこからのクルマはすごく良かった。レース中ずっとプッシュすることができて、タイヤをケアしていた。こんな風に1年をスタートできて最高の気分だ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「複雑な気分だ。ロマン(グロージャン)のマシンは昨年のデジャビュかと思った。ピットストップでミスがあったようだ。昨年は、オーストラリア以降の20戦――残りのシーズン全てにおいて、ピットストップの問題が再発することは一度もなかった。ここではどうもついていない。何が起きたのか調査しなければ。断定するにはまだ早い。もう一方のケビン(マグヌッセン)の6位フィニッシュはチームにとって素晴らしい成果だ。マシンが速いのは分かっている。昨年は最下位でオーストラリアを離れたが、今年は8ポイントを手にメルボルンを去る。2018年よりいいよ。このマシンなら、残る20戦全てで強さを見せられると思う」

© ESPN Sports Media Ltd.