Haas

/ News

  • オーストラリアGP - ハースF1 - 予選

そろってQ3進出を決めたハースF1

Me / Jim
2019年3月16日 « 風に手こずったフェラーリ | ピレリ、レースの展開はデグラデーション次第 »
© Asanka Brendon RATNAYAKE / AFP
拡大

シーズン初戦オーストラリアGP予選が行われた16日(土)、ハースF1のロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは6番手と7番手のタイムを刻み、トップ10入りを果たした。

土曜フリー走行はグロージャンが4番手に食い込み、マグヌッセンもトップ5に入っている。

ロマン・グロージャン

「6番グリッドはいいね。ケビンもすぐそこにいるし、いい1日だったよ。僕らはこのコースでいつもコンペティティブで、クルマはいいパフォーマンスを見せているからうれしいよ。予選用のフルセットアップを走らせたのはこれが初めてなんだ。それについてさらに詳しく知ることができたのは興味深い。クルマはよく機能していて、位置もだいたい予想通りさ。序列には少しサプライズもあるかもしれないけど、自分たちの1日にとても満足している。レースペースも予選と同じくらいいいと思うよ。僕らはプッシュを続け、結果を出し続ける。1年の最初にたくさんポイントを取れたらいいな」

ケビン・マグヌッセン

「僕の側はパーフェクトな予選とはいかなかった。Q1の最初のタイヤでミスしてしまい、もう1セット使うことになってしまったから、Q3では新品が1セットしか残っていなかったんだ。それは僕の失敗。でも幸いなことにクルマはすごく良かった。今年もこんなにいいクルマに乗せてくれたチームの働きをとても誇りに思うよ。彼らはルール変更をうまく取り入れる素晴らしい仕事をして、コンペティティブなクルマを維持してくれた。先頭との差もそれほど大きくない。まだ彼らと戦えはしないけど、極端な差じゃない。明日もこのまま続けて、たくさんポイントを取りたいね」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「とても良い予選だった。冬を通して、準備を整えるためにチームが本当によくやってくれた。今日はこの10カ月にわたってマシンを開発し、テストしてきたチームの仕事を単に実行したにすぎない。リッチ・エナジー・ハースF1チームにとって本当に素晴らしい1日であり、それはチーム全体のおかげだ」

© ESPN Sports Media Ltd.