Haas

/ News

  • ハースF1チーム

ハースF1がフォース・インディアのマシンに正式な抗議

Me
2018年11月23日 « 感情はスポーツの一部とフェルスタッペンに共感のベッテル | 反省はしていないと言い切るフェルスタッペン »
© Sergei Fadeichev\TASS via Getty Images
拡大

シーズン最終戦の開幕前夜、ハースF1チームがフォース・インディアの両マシンに対し、正式な抗議を申し立てた。

23日(金)現地時間午前11時に両チームの代表者たちがスチュワードに呼び出されている。FIAはこれ以上の詳細を明らかにしなかった。

訴えがマシン自体の設計に関するものなのか、それとも再出発したフォース・インディアのエントリーに関するものなのかは今のところ不明だ。夏の間に所有者が交代したが、ベルギーGPから新チームとしてグリッドに並び、以前のエントリーに割り当てられた賞金をそのまま受け取れることになったフォース・インディアにハースF1は不満を示していた。

以前の"サハラ・フォース・インディア"は夏の間に破産手続きに入り、ベルギーからは新しく"レーシング・ポイント・フォース・インディア"としてチームは生まれ変わったが、マシンやチームスタッフ、ドライバーラインアップは変わっていない。それまで獲得していたコンストラクターズ選手権ポイントが全てリセットされた以上、フォース・インディアは過去2年間のコンストラクターズ選手権でトップ10に入った場合に分配される賞金も失うべきだとハースは主張した。レギュレーションに従い、ハースは参戦してから最初の2年間は賞金を受け取っていなかった。フォース・インディアもブランドが変わったのであれば、同じ基準を適用するべきだとアメリカチームは感じている。

これについてチームはこの数カ月間、明確な説明を求めていた。

抗議が正式なものになる数時間前に、木曜日のメディアセッションに現れたチーム代表のギュンサー・シュタイナーに、ちょうど賞金についての質問がなされている。

状況に進展や説明はあったかと聞かれ、彼は述べた。「いいや。残念ながらね・・・今は何の進展もない。そうしておこう」

© ESPN Sports Media Ltd.