Haas

/ News

  • 日本GP - ハースF1 - 決勝

VSC後のリスタートを分析したいとグロージャン

Jim
2018年10月7日 « 温度上昇で難易度も増したとピレリ | 予選の結果を生かせず悔しがるトロ・ロッソ »
© Martin BUREAU / AFP
拡大

7日(日)、シーズン第17戦日本GP決勝レースでハースF1のロマン・グロージャンが8位入賞を果たすも、ケビン・マグヌッセンはリタイアを喫した。

ロマン・グロージャン

「バーチャルセーフティカーのリスタートでは何があったのかを分析しないといけない。僕は自分のデルタタイムを正確に守っていたのに、その前まで2.4秒差あったはずのペレスがすぐに僕をオーバーテイクしていったんだ。システムに問題がないかどうかチェックする必要がある。僕は自分の仕事をやり遂げたと感じている。僕らはベストを尽くしたよ。クルマにいくつか技術的な問題があって、決して楽ではなかったけどね。それがなければ、こうした人たちみんなの前に出られるペースは確実にあったと思う。次に進もう」

ケビン・マグヌッセン

「僕はシャルル(ルクレール/ザウバー)を130Rの外側からパスしていたんだ。彼は最終シケインですぐ後ろをついてきていて、メインストレートでスリップストリームを使ってきた。僕は右に動き、彼は少しそれに釣られたんだと思う。それからまた左に戻って、僕の左リアタイヤを引っかけ、パンクさせた。不運だけど、時々あることさ。タイヤはバラバラに裂けて、フロアをもぎ取ってしまった。それがリアウイング、ブレーキダクト等にもダメージを与えてしまったから、リタイアしないといけなかったんだ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「われわれにとってベストの日ではなかった。ルクレール(ザウバー)がまっすぐ突っ込んできたインシデントによって、ケビンはリタイアを喫した。グロージャンはマシン、テレメトリー、ハンドリングにいくつかの問題が発生している。マシンはストレートで引っ張られていた。ある時点では彼がパンクチャーを抱えたのではないかと思ったが、幸運にもそうではなかった。その後はペレス(フォース・インディア)がバーチャルセーフティカー中にわれわれを抜くという出来事があり、これについてはまだ注視しなければならない。良かった面としてはルノーとの差を3ポイントに縮めており、これから4戦で残りも巻き返せることを願っている」

© ESPN Sports Media Ltd.