Haas

/ News

  • ロマン・グロージャン

グロージャン、「問題は青旗ではなくチーム格差」

Me
2018年9月28日 « ストロールへの中傷にショックを受けるオコン | フェラーリの士気は保たれているとベッテル »
© Roslan RAHMAN / AFP
拡大

ブルーフラッグを巡るF1の問題は、トップ3チームと中団のパフォーマンスギャップがもっと小さければ起きていないはずだとロマン・グロージャンは考えている。

グロージャンはシンガポールGPでウィリアムズのセルゲイ・シロトキンとバトル中、ブルーフラッグ――後方から速いマシンが近づいていることを知らせるもの――を無視したと判断された。この間にレースウイナーとなったルイス・ハミルトンは大幅にタイムを失い、もう少しでマックス・フェルスタッペンに対するリードを失うことろだった。

ブルーフラッグを巡るシンガポールの状況について聞かれ、グロージャンは述べた。「もっと大きな図を見ようよ。問題はブルーフラッグじゃない。6台だけが他のクルマより飛び抜けて速いことが問題なんだ。だから、レースがまだ半分の段階でブルーフラッグが必要になってしまう。F2のレースではブルーフラッグなんて出ない――まあ、1回くらいはあるかもしれないけど。1周目でクラッシュが起きたら、1台だけに向けて振られることならあるかもね。でも、レースの半分でブルーフラッグが必要になるなんてことはない」

「僕はオーストリアで4位フィニッシュした。それでも1周遅れだ。だからブルーフラッグが必要になるんだよ。もっとペースが近くて、全体が固まっていれば、ブルーフラッグの問題なんて起きないのに」

グロージャンはシンガポールでブルーフラッグを無視したとしてスーパーライセンスに2点のペナルティポイントを加算された。これで累積で9点となる。12カ月の間に累積で12点に達すると、スーパーライセンスが次戦まで停止されるため、実質的に次のレースに出場できないことになる。

出場禁止の不安を抱えるグロージャンだが、彼はアプローチを変える考えはないと述べた。

「ここはF1なんだから、僕らはいいパフォーマンスを構築し続けないといけない」と彼は付け加えた。「バカなことはしないように気をつけるよ。それでも僕はプッシュするし、レースをして自分の仕事をするんだ。今までに加算されたポイントを見ると、説明のつくものもあるし、疑問の浮かぶものもあるけど、ここまで来たらしょうがない」

「僕はクラッシュするために来たんじゃないし、バカなことをするつもりもない。シンガポールで言ったように、あの時はトリッキーな状況にはまってしまったんだ。セルゲイは他より6秒も遅くて、僕らは戦っていた。ギャップは明らかに大きかった。ルイスを行かせるまでに11の小セクターを過ぎたと思う。繰り返すけど、確かにそれは長い時間だ。でも、それが僕らのペースだったんだよ」

「そこでポイントを加算されるなんて厳しいと思う。僕はここにレースをしにきているし、コンストラクターズ選手権でハースF1チームを4位にするためにいる。だから、チームのためにベストを尽くすだけで、言った通り、バカなことをするつもりはない」

グロージャンのペナルティポイントは10月29日にようやく1点が消滅し、11月12日にさらに2点が失効する。

© ESPN Sports Media Ltd.