Haas

/ News

  • ハンガリーGP - ハースF1 - 予選

ドライのペースに自信を見せるグロージャン

Jim
2018年7月29日 « 期待した結果を得られず悔しいレッドブル | アロンソ、11番手は「雨のおかげ」 »
© FERENC ISZA / AFP
拡大

28日(土)に実施されたシーズン第12戦ハンガリーGP予選でそろってQ3に進出したハースF1のケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは9番手と10番手に並んだ。

ドライコンディションだった土曜フリー走行はグロージャンが9番手、マグヌッセンは11番手のタイムを残している。

ロマン・グロージャン

「今日の自分の出来には満足しているけれど、Q3の結果にはがっかりしている。最後のラップから2周目の最終コーナーでマックス(フェルスタッペン/レッドブル)にブロックされてしまい、水しぶきを浴びることになったから最後のラップは何も見えなかったし、それが少し残念だ。ドライだと僕らは本当にかなり速いと思う。1番手や2番手につけていたこともあったはず。マシンに力はあるのに、雨が降ってQ3に進むのが難しかったけど、なんとかできたし、それは良かったと思っている。ウエットに関してはマシンにやるべき作業がいくつかある。そこまで競争力はないけど、こういうコンディションでハースVF-18を走らせたのは今回が初めてだったはずだから、ここから学ぶことはたくさんあるし、それはポジティブ。もちろん、明日のレースは何もかもがオープンだ。全体としては悪くないセッションだった」

ケビン・マグヌッセン

「9番手と10番手に不満はないよ。もう少し期待してはいたけどね。少なくともドライになるとか。でも、こういうトリッキーなコンディションで、チームは冷静に取り組み、適切なタイヤを履かせてくれたし、適切なタイミングでコースに送り出してくれたから、本当に素晴らしい仕事を果たしたと思う。こういうコンディションだと判断ミスを犯しやすい。それに、この状況ではチームにかかるプレッシャーも大きい。ドライだとチームに見送られたら僕たちが仕事を果たさないといけないからね。でも、ウエットだとチームのみんなにかかる部分がほとんどだ。しっかりとやってくれたから、みんなによくがんばったって言いたい」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「とてもエキサイティングな予選だった。今回もQ3に2台が進み、われわれにとっては最高だ。つまり、全体として今日はポジティブな1日だった」

© ESPN Sports Media Ltd.