Haas

/ News

  • イギリスGP - ハースF1 - 決勝

ハースF1、1周目に同士討ちを喫するも2点獲得

Jim
2018年7月9日 « 地元レースでW入賞したフォース・インディア | 6位入賞を喜ぶヒュルケンベルグ »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

8日(日)に開催されたシーズン第10戦イギリスGP決勝レースでハースF1のケビン・マグヌッセンは9位入賞を果たしたが、ロマン・グロージャンは他車と接触してリタイアを喫した。

ロマン・グロージャン

「レース序盤のケビンとのことは2人とものミスだったと思う。起きるべきではないことだから、確実にもう起きないように取り組んでいかないと。あれで第1コーナーでたくさんのポジションを失うことになったのは明らかだから。それから、カルロス(サインツ/ルノー)とのことは、正直、映像を見ていない。僕的には彼がコーナーにかなりハードに突っ込んできた印象で、インサイドにいた僕にあまりスペースを与えてくれなかった。接触を避けようとブレーキを踏んだけど、僕にはほとんど行き場がなかった。残念だ」

ケビン・マグヌッセン

「2ポイントを取れたから、それがすべて。今日はこれが僕らにできるベストだった。もっとうまくやれただろうし、そうするべきだったんだろうけど、これが結果。それでもポイントは手に入れている」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「もっと多くのポイントがあればもっと喜んでここを出発できただろう。かなりのポイントを失った。今後、これを回避するためにも、ターン1で実際に起きたことは評価しなければならない。よりうまく切り抜けるために何ができるのか、少なくとも、どこにいるべきか、じっくり腰を据えて考える必要があると思う。結局のところ、何もない状態で帰るわけではない。みんなは自分たちが成し遂げたことを誇りに思っていい。2ポイントを取ったのだから。3戦連続でポイントフィニッシュはとても素晴らしい。ただ、もっと多くを取れていたはずなので、有頂天になることはない」

© ESPN Sports Media Ltd.