Haas

/ News

  • アゼルバイジャンGP - ハースF1 - 決勝

「ものすごくつらい」と明かすグロージャン

Jim
2018年4月30日 « 勝てたはずのレースを落としたベッテル | 1周目に大きく後退も表彰台に上ったペレス »
© Jerry Andre/Sutton Images
拡大

29日(日)、シーズン第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースでハースF1のケビン・マグヌッセンは13位完走にとどまり、一時はポイント圏内を走っていたロマン・グロージャンはセーフティカー導入中に冷えたタイヤの影響を受けてクラッシュし、リタイアを喫した。

ロマン・グロージャン

「ものすごくつらいし、チームに謝りたい。最後尾からスタートして6番手を走っていたなんて、最高のレースになるはずだったのにね。自分と争っていたペレスが表彰台にいるところを目にすると、本当にこたえる。うまくいくはずだったのに。コンディションがトリッキーで、風が強く、マシンが左右に振られちゃって、押されたり押されなかったり。タイヤを温めていたら、うまくはまって2つポジションを上げられた。ブレーキに触れた時にブレーキバランスが後方にロックされちゃって、そのせいでリアホイールがロックされてスピンした」

ケビン・マグヌッセン

「いろいろと僕たちの思うように事が運んでいないのは確かだ。今でもマシンはしっかりとパフォーマンスできているから、残りのシーズンを楽しみにしている。ポイントを勝ち取れるだけの競争力を持ったマシンだ。ちゃんとスムーズな週末を過ごせればね。きっと大丈夫だと確信している。今シーズンはとにかくタフなスタートになっている。特にマシンにポテンシャルがあるだけに、余計にフラストレーションを感じる。ここから巻き返してみせるよ。全体的にはただただタフな週末だった」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「今週末は多大な失望を感じる最後だった。それ以上に語ることはない」

© ESPN Sports Media Ltd.