Haas

/ News

  • ハースF1

古巣の2チームに「勝ちたい」とマグヌッセン

Jim
2018年3月25日 « ボッタスの自信喪失を心配するウォルフ | シロトキン、初レースを完走できず「がっかり」 »
© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

ケビン・マグヌッセンはオーストラリアGP予選で中団グループの接戦に勝利した後もハースF1が今の競争レベルを維持できるよう願っていると語った。

アルバート・パーク・サーキットで実施された予選でハースF1は"ベスト・オブ・ザ・レスト"のポジションを確保。予選5番手だったレッドブルのダニエル・リカルドが3グリッド降格処分を受ける関係で、マグヌッセンと相棒のロマン・グロージャンは予選順位よりひとつ上の5番グリッドと6番グリッドに並ぶ。

リソースやインフラの格差があることから、シーズン中の開発レースにおいては中団グループのライバルであるマクラーレンやルノーが先行すると見られており、マグヌッセンは今後のレースでも両チームに対するアドバンテージを維持できるとは思っていないようだ。

「ものすごく集中していることではないけど、それでも彼らに勝てたらうれしい。もちろん、2つのチームを打ち負かすことができれば最高だよ」と話すマグヌッセン。

「ものすごいチャレンジになるだろう。笑顔で言ってはいるけど、でも、すごく難しいこと。僕はどちらのチームにもいたことがあるし、彼らのことはとても尊敬している。彼らの力も分かっているつもりだから、上回り続けるのは簡単なことじゃないだろうし、彼らよりも良いシーズンを過ごし、チャンピオンシップで打ち勝つなんて本当に難しいことだと思う。現時点では、このコースでは、今回の予選では、僕らの方が良いパッケージだったってこと」

「その可能性があることは示されている。でも、もうシーズンに入ったし、今はやるべきことがたくさんある。僕らのチームは小さなチームだ。当然、いろいろと集中しないといけないこともあるし、この先、彼らがものすごく強力になってあっという間に追いついてきたとしても驚きはしない。とにかく今、僕らにできることを精いっぱいやろうとしているだけだし、そこから進んでいくだけ」

マグヌッセンはチームが強力な予選を生かしてダブル入賞を狙っていると明かしながらも、決勝レースではマクラーレンとルノーが脅威になるとも予想しているという。

「正直、すべてが普通にいけば7番手かなと思っている。運に頼ることなく7位になれればものすごく良いポジションだ。実際、チームにとっては7位と8位がターゲットになるだろう。でも、だからといってあきらめるつもりはない。ルノーは強いし、マクラーレンも強いから、彼らを抑え続けられるようにしないとね」

© ESPN Sports Media Ltd.